こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、青森の弘前の銘酒「豊盃」(ほうはい)純米吟醸です。

■豊盃

連休は足を延ばして、日本有数の桜の名所・弘前へ。
絶景の桜さんぽについては、夢中図書館「街あるき館」をご覧いただくとして、当「日本酒館」は当然、日本酒です。
※絶景の桜散歩【昼】はこちら。【夜】はこちら

桜と言えば日本酒でしょう!…諸説アリ(苦笑)。
弘前には、知る人ぞ知る名酒蔵があります。それは三浦酒造。
銘酒「豊盃」(ほうはい)を醸す酒蔵です。

創業は1930年(昭和5年)。
家族と地元の蔵人たちで切り盛りする、こじんまりとした酒蔵です。
全国で当蔵だけが契約栽培する酒造好適米「豊盃米」をメインに使用し、津軽富士・岩木山の伏流水で丁寧に醸しています。

代表銘柄「豊盃」は、全国の日本酒ファンから高い評価を得ている銘酒です。
その名前は、陸奥国弘前藩初代藩主の津軽為信が、戦場で兵士の士気を鼓舞するために唄った「ホウハイ節」に由来しています。
津軽を代表する銘酒に、今や全国の日本酒ファンが舌鼓を鳴らしています。

■飲み口

それでは、さっそくいただきます。

一口ふくむと、すっきりしていてキレのある飲み口。
程よい酸味とかすかな渋味を楽しめます。

丁寧な酒造りが杯を通して伝わってくるような、清らかな味わいです。
岩木山から流れる清水の音が聞こえてくるよう…。これはクイクイいっちゃう旨みです。

弘前の桜を観ながら、ホウハイ、ホウハイ!これは士気が高まるわぁ。
ありがとう、豊盃! ありがとう、三浦酒造!

■基本情報

品名:豊盃 純米吟醸
アルコール分:15度
原料米:夢想い100%使用
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:55%

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事