こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、小布施ワイナリーがつくる日本酒「ソガペール エフィス イリヤ ソントン」です。

■小布施ワイナリーがつくる日本酒

長野県の「小布施ワイナリー」が厳冬の時期に数週間だけ手掛ける日本酒「ソガペール エフィス」
さまざまな酵母を使用。銘柄名には、1号酵母を使用した「UN」(アン)や2号酵母を使用した「DEUX」(ドゥー)、6号酵母を使用した「SIX」(シス)など、数字が冠されています

今回冠された数字は、「IL Y A CENT ANS」(イリヤソントン)。その意味は「100年前」…。
この数字はなんだろう?と思ったら、ラベル裏を見て合点がいきました。

明けぬ夜は無し、上がらぬ雨は無し。
今から丁度100年前、人類はパンデミック(スペイン風邪)の中を乗り越え生き続けてきました。偶然にも100年前、日本酒製造技術も激動の時代真っ只中でありました。
様々な思いが交錯する「100年前」という名の酒。100年前には既に発見されていた1号酵母と2号酵母の混合発酵。もちろん(100年前の主流な仕込み法であった)生酛で仕込みます。男酒と女酒のナンセンスなアッサンブラージュはまさに官能的。現代を生きる我々はsake「IL Y A CENT ANS」から何を感じ、何を後生に残しうるのでしょうか。

(ラベル裏より)

強烈なメッセージですよね…。
いま世の中に暗い翳を落とすパンデミックに対して、決して負けないという宣言
100年前にパンデミック(スペイン風邪)を乗り越えたように、今回も必ず乗り越える…。

そんな強い思いを込めて、100年前に発見されていた1号酵母と2号酵母を使用
さらに100年前には主流な仕込み法だった生酛で仕込んだ日本酒です。

酒業界は大変厳しい状況にありますが、ぜったいに挫けない…。
めちゃくちゃ共感します。私たち飲兵衛も飲みまくって応援します!今日の夢中は、「ソガペール エフィス イリヤ ソントン」です。

■飲み口は

それでは、小布施ワイナリー決意の日本酒「ソガペール エフィス イリヤ ソントン」をいただきます。

コルク栓を開けて、グラスにトクトクと注ぐと、ひと口含みます。
口のなかに広がる清らかな酸味…。わずかに舌を揺らす微発泡感がフレッシュな風味を醸し出します。

なんとも透き通った飲み口です。雑味なし、純度100%の淡麗美酒。
ピュアな酸味が後味まで残るので、喉を通った後も爽快な余韻を楽しめます。

杯を重ねていくと、仄かにまろやかな甘みが加わってきます。
それは、やさしく甘美な味わい。飲み口がなめらかなので、とろりと喉に染みるよう…。

これは、確かに官能的…。不思議と気持ちが高まっていきます
これならきっと、やっていける。明けぬ夜は無し、上がらぬ雨は無し。100年前と同じように、きっと今の難局も乗り越えられる…。

さあ、もう一杯。100年前から続く酵母と生酛造りで、夜が明けるまで飲み明かしましょう!

ありがとう、ソガペール エフィス イリヤ ソントン!ありがとう、小布施ワイナリー!

■基本情報

品名:ソガペール エフィス イリヤ ソントン
原材料名:米、米麹
精米歩合:59%
アルコール分:16度
長野県美山錦100%使用
製造者:小布施ワイナリー株式会社
長野県上高井郡小布施町押羽571

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事