こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、青森津軽の銘酒「豊盃」特別純米酒です。

■津軽の銘酒

青森津軽の銘酒「豊盃」(ほうはい)。
以前にも当夢中図書館「日本酒館」で取り上げたことのある、弘前の三浦酒造が醸す銘酒です。

創業は1930年(昭和5年)。
家族と地元の蔵人たちで切り盛りする、こじんまりとした酒蔵です。
全国で当蔵だけが契約栽培する酒造好適米「豊盃米」をメインに使用し、津軽富士・岩木山の伏流水で丁寧に醸しています。

代表銘柄「豊盃」は、全国の日本酒ファンから高い評価を得ている銘酒です。
その名前は、陸奥国弘前藩初代藩主の津軽為信が、戦場で兵士の士気を鼓舞するために唄った「ホウハイ節」に由来しています。
津軽を代表する銘酒に、今や全国の日本酒ファンが舌鼓を鳴らしています。

■飲み口は

今回は、そんな「豊盃」の特別純米酒を手に入れることができました。
それでは、早速いただきます。

どっしりとした酸味が口の中に広がります。これが酒ともいうようなアルコールの香りが胃に染み入ります。
日本酒ブームを牽引したワインのような優しい日本酒と違って、硬派な日本酒です。口にするほどどんどん酔いがまわります。

これは飲兵衛の酒。兵(つわもの)どもが楽しく酔う酒です。
ホーハイ、ホーハイ!いざ集え、全国の日本酒ファンたちよ!!…ヒック、ふぅーっ。。。

ありがとう、豊盃! ありがとう、津軽!

■基本情報

品名:豊盃 特別純米酒
アルコール分:15度以上16度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:麹米55%、掛米60%
製造者:三浦酒造株式会社
青森県弘前市大字石渡5-1-1

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事