こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、秋田の地酒「山本」の純米吟醸、「ドキドキ」です。

■山本

蔵元は、秋田県八峰町にある山本合名会社。秋田の北部、白神山地のふもとにある蔵元です。
代表的な銘柄として、蔵元の名を冠した「山本」のほか「白瀑」があります。

チャレンジングな酒造りが魅力の酒蔵で、当図書館でも何度か取り上げました。
ワイン酵母を使った日本酒「和韻 山本」とか、何とも刺激的な「セクスィー山本酵母」とか。

今回紹介する「山本 純米吟醸」も、不思議な言葉が冠したあります。
それが「ドキドキ」。どんな味がするんだろう…。ちょっとドキドキしますね!?

■飲み口は

さっそく杯に注いでグビリとひと口。

これは、なんとも強烈な酸味。果実系の酸味が口いっぱいに広がります。
しかもこの酸味が後を引きます。白ワインのような味わいと言っていいかもしれません。

この酸味の正体は、醸造に使用した酵母にありました。
リンゴ酸という特定の酸を通常の3倍も生成する特殊な酵母で仕込んでいます。

そう言われると、確かにリンゴの酸味だわ。青りんごのフレッシュな風味ですね。
リンゴ酸は温度が低い方がより美味しく感じられる酸ということですので、しっかり冷やして飲みたいお酒です。

■ドキドキ

ところで、「ドキドキ」とはどういう意味?
ラベルの裏にこんなコメントが書かれていました。

この商品は酒に含まれる数ある酸の中でも爽快なリンゴ酸を多く生成する特殊な酵母で仕込みました。
暑い夜はキリッと冷やしたドキドキでお楽しみ下さい。
なお、「ドキドキ」は蔵元の山本が夏をイメージした際に頭に浮かんだフレーズで特に深い意味はありません。あしからず。

あしからずって、蔵元さん(苦笑)。まあ、ご愛嬌ってことですかね。
蔵元が「夏」を意識して仕込んだ限定酒です。たしかに、この酸味は夏に効きそう。キンキンに冷やして飲みたい夏酒ですね。

ありがとう、山本! ありがとう、ドキドキ!

■基本情報

品名:純米吟醸 山本 ドキドキ
原材料:米(秋田県産)、米麹(秋田県産米)
精米歩合:55%
アルコール分:15度
製造責任者:山本友文

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事