• 東北
    幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
    2018年2月9日
  • 東北
    夏にぴったりの涼やかな発泡日本酒 "山本スパークリング 純米吟醸"
    2017年8月25日
  • 関西
    純米酒「七本鑓」限定活性にごり酒 白い雲が瓶の中で暴れる?生きた日本酒!
    2017年12月1日
  • 中部
    新年の門出を祝う日本酒「初亀」粉雪舞うかすみ酒で乾杯!
    2018年1月5日
  • 新潟・長野
    ワイナリーが造る本気の日本酒。コルクを開けて飲む大人の酒"ヌメロシス ル サケ エロティック"
    2017年6月2日
  • 関西
    その名の由来は秀吉を天下人にのし上げた「賤ヶ岳の七本槍」!勝利の酒「七本鎗」を飲む。
    2017年5月26日
  • 東北
    セクスィー山本酵母がお仕置きよ!?黄色いラベルの刺激的な日本酒「山本 純米吟醸」
    2017年9月22日
  • 中国
    日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
    2017年6月23日
  • 中部・北陸
    加賀の自然がはぐくんだ伝統の銘酒「手取川あらばしり大吟醸生酒」
    2017年6月9日
  • 東北
    「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。
    2017年4月27日
  • 中部
    世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE" 九平次って?SAUVAGEって?
    2017年11月3日
  • 中国
    東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
    2017年10月13日
  • 東北
    夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
    2018年2月2日
  • 東北
    純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
    2017年12月22日
  • 中部
    気骨あふれるシャープな飲み口
    静岡由比の酒 "正雪 無量寿 大吟醸"
    2017年9月1日
  • 東北
    躍動感あふれる秋限定しぼりたて新酒!
    純米吟醸「ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて生酒」
    2017年11月24日
  • 中国・四国
    四国香川がつくり出すキラキラした日本酒
    「月中天」だるまラベル
    2017年9月29日
  • 新潟・長野
    愛山を使用した美しい日本酒 ”Takachiyo 純米吟醸 無調整生原酒”
    2018年2月16日
「味わう酒」へのこだわりが生んだ銘酒、純米大吟醸「獺祭」。冬季限定の寒造早槽を飲む。

 

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、日本酒ブームの火付けとなった「獺祭」から、「獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽(かんづくりはやぶね) しぼりたて生」です。

■日本酒ブームの火付け

獺祭は、山口県の旭酒造が醸造する、いまの日本酒ブームの火付けとなった、純米大吟醸の代名詞とも言える銘酒です。

確かに、獺祭の登場によって、日本酒の位置付けが、今までオヤジの友であったワンカップのイメージから大きく変わったように思います。

純米大吟醸としてはお手ごろで、コストパフォーマンスがとても良い(一部で高騰していますが)。それ以上に、品質へのこだわりが受けました。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」
これが旭酒造の酒づくりの姿勢です。品質へのこだわりがこの言葉に込められていますね。

■旭酒造

実は、この蔵元、なんと杜氏がいません。
杜氏は、日本酒の醸造を担う職人で、彼らの腕により、日本酒の出来が決まるというのが定説です。
逆に言うと、人の舌と腕に頼るという、昔ながらの工程なんですね。

この「職人の腕と経験」に頼らないシステムをつくったところが旭酒造の慧眼です。
特に遠心分離機というハイテクマシンによって、吟醸の香りを壊さないで、お酒をしぼることができるようにしました。

これにより、品質の安定と低コストを両立しました。
こうした業界の慣習にとらわれない「革新」は、ビジネススクールのケーススタディにでもなりそうですね。

■飲み口は

さて、肝心の味ですが、
純米大吟醸だから、飲み口が爽やかでフルーティ。ほのかに香る柑橘系の酸味もいい!
これなら女性にも間違いなく受けます。ワンカップよりはワインに近い感じです。

しかも「寒造早槽」は冬季に限定して発売される新酒です。この時期ならではのフレッシュな味わいを楽しめます。見かけたらぜひお試しください。

ちなみに、先日、偶然に「獺祭バー」なるものを東京の京橋で発見しました。
後で調べてみたら、旭酒造直営の日本酒バー&ストアとのこと。
こちらもいつかお試ししてみたいと思いました。
※写真右奥が獺祭バー。

明日も美味しい大吟醸が楽しめるのは貴方のおかげです。ありがとう、獺祭!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

中国の関連記事
  • 東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
  • 巨匠も絶賛 ”獺祭”はフレンチに合う!? いつも通りの”獺祭”で世界に挑む!
  • 日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
  • 「味わう酒」へのこだわりが生んだ銘酒、純米大吟醸「獺祭」。冬季限定の寒造早槽を飲む。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事