• 北陸
    大人の甘酒”手取川 白寿” 出来立ての感動を味わう純米にごり酒
    2018年1月19日
  • 東北
    陸奥八仙ヌーヴォー 新酒の時期限定のフレッシュでピチピチな日本酒
    2017年12月8日
  • 東北
    ワイン酵母の酸味と清酒酵母の穏やかな香り 日本酒「和韻 山本」
    2017年6月16日
  • 関西
    浴衣で飲みたい夏に吹く風 紀土"夏の疾風"夏季限定酒
    2017年7月28日
  • 四国
    花河童もほろ酔い気分!? 日本酒オン・ザ・ロック 土佐の地酒” 久礼”夏限定酒
    2017年7月7日
  • 中部
    「作(ざく)玄乃智」 2017年純米酒部門ワンツーフィニッシュの実力!ザクとは違う作(ざく)へ!
    2017年10月27日
  • 中部
    新年の門出を祝う日本酒「初亀」粉雪舞うかすみ酒で乾杯!
    2018年1月5日
  • 東北
    セクスィー山本酵母がお仕置きよ!?黄色いラベルの刺激的な日本酒「山本 純米吟醸」
    2017年9月22日
  • 九州
    がんばろう福岡!八女の自然とこだわりの酒造り 福岡の地酒”繁桝”
    2017年7月14日
  • 東北
    君は飼いならせるか?個性的で好戦的な日本酒、新政版シャンパン「亜麻猫スパーク 」
    2017年10月6日
  • 関西
    その名の由来は秀吉を天下人にのし上げた「賤ヶ岳の七本槍」!勝利の酒「七本鎗」を飲む。
    2017年5月26日
  • 東北
    「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。
    2017年4月27日
  • 東北
    大内宿の茅葺屋根と江戸の賑わいに思いを馳せて、
    会津の地酒「花春 大内宿」
    2017年11月10日
  • 関西
    Rice is the essential of all…京都伏見の老舗蔵"澤屋まつもと守破離”
    2018年1月26日
  • 中部・北陸
    加賀の自然がはぐくんだ伝統の銘酒「手取川あらばしり大吟醸生酒」
    2017年6月9日
  • 東北
    夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
    2018年2月2日
  • 東北
    幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
    2018年2月9日
  • 新潟・長野
    ワイナリーが造る本気の日本酒。コルクを開けて飲む大人の酒"ヌメロシス ル サケ エロティック"
    2017年6月2日
酒米にこだわった新政Colors(カラーズ)から「生成エクリュ」を飲む。「なかどり」は日本酒の一番美味しいところ。飲兵衛にとっては憧れの…?

 

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今回の「夢中」は、お気に入りの新政酒造から「新政 生成 エクリュ なかどり」です。

■Colors(カラーズ)

新政が自信を持ってお届けするヴィンテージ・シリーズ「Colors(カラーズ)」の一つ。

この「Colors(カラーズ)」とは、秋田の酒米の個性を味わっていただくための火入れシリーズ。
現在は5種類がラインナップされており、それぞれ原材料となる酒米が異なります。

ちなみに、そのラインナップとは、次のとおり。ちなみに「Colors(カラーズ)」の名のとおり、それぞれラベルの色が異なります。

「水墨 アッシュ」、原料米は亀の尾。ラベルの色は黒。
「秋櫻 コスモス」、原料米は改良信交。ラベルの色は桜色。
「天鷲絨 ヴィリジアン」、原料米は美郷錦。ラベルの色は緑。
「瑠璃 ラピス」、原料米は美山錦。ラベルの色は青。
そして、「生成 エクリュ」、原料米は酒こまち。ラベルの色は白。

ちなみに、以前、青のラベルの「瑠璃 ラピス」をいただいております。
そのときの紹介記事はこちら

■生成 エクリュ

今回いただいたのは、「生成 エクリュ」。
飲み口は、一言で言うと、まろやか。

酒こまちから醸し出されるほどよい甘みと新政らしいフレッシュな発砲感が絶妙。
これ、ヤバいやつですね。クイックイといっちゃいます。

新政酒造のホームページで「エントリーモデル」と評されているとおり、新政の良さをストレートに楽しめる逸品。
はじめてトライする人は、このブランドがいいかもしれませんね。

ちなみに、今回は、その「生成 エクリュ」ブランドでも選りすぐりの「なかどり」をいただきました。
ちょっとお値段は高めですが、たまにはいいかなと奮発!

日本酒は、搾り出す過程で味が少しずつ変わっていきます。
呼び名も違っていて、最初の部分を「あらばしり」、途中部分を「なかどり」、最後の部分を「責め」と言います。

このなかでも「なかどり」は、香りのバランスがよく、もっとも良い部分とされているんです。
日本酒の品評会でも、だいたいこの部分が出されるんだって。

あー。。。日本酒の最良の「なかどり」が取り揃えられた品評会。
飲兵衛にとっては、天国のような場ですね。うらやましい。。。

ということで、今回は、酒米にこだわった新政「Colors(カラーズ)」シリーズから、「生成(エクリュ)」をいただきました。ありがたや、選りすぐりの「なかどり」にて。

いつもながら満足感たっぷりの逸品でした。ありがとう、新政酒造!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

東北の関連記事
  • 幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
  • 夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
  • 全量純米大吟醸へのこだわり 庄内から世界を目指す”楯野川”
  • 純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
  • 純米吟醸 ささら「愛宕の松」 想いを託して天を舞う新酒
  • 陸奥八仙ヌーヴォー 新酒の時期限定のフレッシュでピチピチな日本酒

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事