こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、長野の地酒「明鏡止水 純米吟醸 吟織 秋あがり」です。

■大澤酒造

以前も当「夢中図書館」で紹介したことがある銘酒「明鏡止水」
蔵元は、長野県は佐久市にある大澤酒造です。

蔵のある佐久市茂田井は、中山道の望月宿と芦田宿の間にある茂田井宿として栄え、創業の大澤家は元禄2年(1689年)に酒造りをはじめました。
同地は、北に浅間山、南に蓼科山を見晴らせる長野県東部に位置し、豊富な米と良質な水に恵まれた、酒造りの好適地です。
美味しい酒造りに恵まれた環境のもと、古い伝統を守りながら、丁寧な酒造りを行っている酒蔵です。

「明鏡止水」は、その大澤酒造の代表的な銘柄。
明鏡止水(めいきょうしすい)とは、邪念がなく、澄み切って落ち着いていることです。
蔵元の酒造りへのこだわりを示した銘柄といえるでしょう。

■明鏡止水 秋あがり

今回いただくのは、明鏡止水の純米吟醸。この時期限定の「秋あがり」です。
純米吟醸に大吟醸のオリを絡めたうすにごり酒。

さっそくいただきます。
おーっ。すっきりした飲み口です。
秋の涼しげな風を浴びるような爽快感

そして後味に残るのが米の旨み。
これは大吟醸のオリのせいなのか、やわらかな甘みがほんのり広がります。

ラベル裏にはこんな風に書かれてあります。

爽やかな香りと軽快な喉ごしを楽しめる、秋あがりした純米吟醸のうすにごり酒です。

なるほど。秋の夜長にぴったりの日本酒ですね!

ありがとう、明鏡止水!

■基本情報

品名:明鏡止水 純米吟醸 吟織 秋あがり
アルコール分:16度以上17度未満
原材料:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:麹米50%、掛米55%
日本酒度:+3
酸度:1.7

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事