• 九州
    がんばろう福岡!八女の自然とこだわりの酒造り 福岡の地酒”繁桝”
    2017年7月14日
  • 中部
    新年の門出を祝う日本酒「初亀」粉雪舞うかすみ酒で乾杯!
    2018年1月5日
  • 東北
    夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
    2018年2月2日
  • 東北
    躍動感あふれる秋限定しぼりたて新酒!
    純米吟醸「ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて生酒」
    2017年11月24日
  • 中国
    日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
    2017年6月23日
  • 東北
    幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
    2018年2月9日
  • 東北
    ワイン酵母の酸味と清酒酵母の穏やかな香り 日本酒「和韻 山本」
    2017年6月16日
  • 関西
    Rice is the essential of all…京都伏見の老舗蔵"澤屋まつもと守破離”
    2018年1月26日
  • 東北
    君は飼いならせるか?個性的で好戦的な日本酒、新政版シャンパン「亜麻猫スパーク 」
    2017年10月6日
  • 関西
    その名の由来は秀吉を天下人にのし上げた「賤ヶ岳の七本槍」!勝利の酒「七本鎗」を飲む。
    2017年5月26日
  • 中国
    東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
    2017年10月13日
  • 東北
    純米吟醸 ささら「愛宕の松」 想いを託して天を舞う新酒
    2017年12月15日
  • 東北
    夏にぴったりの涼やかな発泡日本酒 "山本スパークリング 純米吟醸"
    2017年8月25日
  • 中部・北陸
    加賀の自然がはぐくんだ伝統の銘酒「手取川あらばしり大吟醸生酒」
    2017年6月9日
  • 北海道
    雪氷室に雪中貯蔵 ここでしか造れない美酒 北海道の純米大吟醸"国士無双"
    2017年6月30日
  • 四国
    純米吟醸第1位「土佐しらぎく」土佐の自然と百年の思いが醸す最高の飲み心地
    2017年12月29日
  • 新潟・長野
    愛山を使用した美しい日本酒 ”Takachiyo 純米吟醸 無調整生原酒”
    2018年2月16日
  • 東北
    大内宿の茅葺屋根と江戸の賑わいに思いを馳せて、
    会津の地酒「花春 大内宿」
    2017年11月10日
気分は酒仙!酒蔵しぼりたてのフレッシュな日本酒「陸奥八仙ふなざけ」を飲む。

 

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、青森は八戸の銘酒、「陸奥八仙  青ラベル  槽酒(ふなざけ)  特別純米  生原酒」です。


■出会い

実は、「陸奥八仙」との出会いは、偶然でした。

だいぶ前になるのですが、仕事で東北は仙台に行ったときに、地元の仕事相手からオススメされたのがこの酒でした。青森の八戸のお酒なんですけどね。
「陸奥八仙」などまったく知らなかったのですが、その美味しさに感動したことを、いまでも覚えています。

近年、東京で、この「陸奥八仙」をちらほら見かけるようになりました。やっぱり良いものは売れるんですかね。
この酒を見ると、つい手が伸びてしまうんです。相性が合ったのでしょう。やっぱり第一印象って大切です!

■ふなざけ

でも、「ふなざけ」?
聞いたことのない言葉です。

これは日本酒を絞る「酒槽(さかぶね)」から来ているようです。
大辞泉によると、酒槽とは、「酒をしぼる桶。また、しぼった酒を蓄えておく桶。」と書いてあります。

槽
(「搾り」の風景画。HPより)

通常の日本酒は、搾った後に、一度タンクで寝かせて落ち着かせます。
でもこの「ふなざけ」は、タンクに寝かせる前の、酒槽にある状態の酒を、そのまま瓶詰めにしています。

そうなんです。「ふなざけ」とは、酒蔵でなければ味わえない、フレッシュなしぼりたての味を食卓にお届けする、太っ腹なお酒なのです。

ラベルに朱印で「限定」と書かれている通り、新酒のこの時期しか味わえません。

■飲み口は

さて、そのお味は?

ピリッと舌に感じる発砲感。果実っぽい酸味。これか~、しぼりたてって。
どちらかというと辛口でしょうか。さっぱりした、若い風味がします。

目の前に浮かぶのは、八戸にある酒蔵の槽(ふね)からそよそよと流れ出る生酒の姿。
やっぱり、「陸奥八仙」は美味しい!


ちなみに、一目ぼれした陸奥八仙は、「ふなざけ」でなく、タンクで寝かせた定番のもの。
こちらは、こってりめの甘口です。飲んべえ好みな味ですね。
こちらもオススメです!

■酔八仙

ということで、今回は、青森県八戸市の酒蔵、八戸酒造がおくる「陸奥八仙」をオススメしました。

ちなみ「八仙」は、中国に伝わる八人の仙人(酔八仙)の故事に由来しています。
ここには、酒仙たちの興味深い酒の味わい方や楽しみ方が語られているそうです。
飲む人に酒仙の境地を味わってもらいたい。そんな思いをこめて名づけられた銘柄です。

気分は酒仙!その境地かどうかは分かりませんが、そうとうゴキゲンになりました。
ありがとう、陸奥八仙!次も酒仙気分を味わわせてください!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

東北の関連記事
  • 幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
  • 夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
  • 全量純米大吟醸へのこだわり 庄内から世界を目指す”楯野川”
  • 純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
  • 純米吟醸 ささら「愛宕の松」 想いを託して天を舞う新酒
  • 陸奥八仙ヌーヴォー 新酒の時期限定のフレッシュでピチピチな日本酒

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事