こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、奈良の地酒「篠峯(しのみね)純米吟醸 雄町」です。

奈良の地酒

奈良の地酒「篠峯(しのみね)純米吟醸 雄町」。
日本橋にある奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」で購入しました。

いま、別館の「夢中図書館 街あるき館」で、アンテナショップ巡りをしています。
東京にいて地のものをいただけるのは嬉しいですよね。特に地酒は、個人的な注目の一つ。

普段見ることのない数々の地酒の中から、今回選んだのは「篠峯(しのみね)純米吟醸 雄町」。

醸造元は、千代酒造株式会社。
奈良盆地の南西に位置する御所市にある小さな酒蔵です。

一説には日本酒発祥の地とも呼ばれている古都奈良。
奈良の土壌で育った酒米、近くの葛城山から流れる伏流水、盆地ならではの寒冷な気候など、奈良の風土を醸した酒造りを行なっています。

日本酒本来の姿である純米酒にこだわり、時間と手間をかけた酒造りゆえに、生産量は少量。そのため特約店でしか買うことのできない逸品です。

■飲み口は

それでは早速いただきます。

ひと口含むと、舌にうれしい、きりりとした辛み。爽快感のある味わいです。
古都奈良の清らかな伏流水が目に浮かびます。

特徴は、飲んだ後に舌の上に残る渋みです。これが口の中をリフレッシュします。
これは料理に合いますね。つまみは奈良漬け?柿の葉寿司がいいかな。

ラベルにはこんな風に書かれています。

赤磐産雄町を全量使用し、醸した一回火入れ・瓶貯蔵のお酒です。辛さの中に雄町らしいコクのある純米吟醸です。

辛さあり、コクありの、古都奈良の風土を醸した地酒。おススメです!

ありがとう、篠峯! ありがとう、千代酒造!

■基本情報

原料米:赤磐産雄町全量使用
精米歩合:60%
アルコール分:15度
原材料:米(国産)、米麹(国産米)
醸造元:千代酒造株式会社 奈良県御所市大字櫛羅621番地

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事