「会津宮泉」純米無濾過生!フレッシュな香味広がる季節限定酒

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、会津の名蔵から届いた季節限定酒、「会津宮泉」純米無濾過生です。

■会津宮泉

銘酒「写楽」を醸す会津の酒蔵「宮泉銘醸」
「写楽」に並ぶブランドとして人気も認知も広がってきたのが「会津宮泉」です。

その名前の通り、宮泉銘醸のオリジナルブランドなんです。
「写楽」を復活させた同蔵の社長・宮泉さんが、当時不振が続いていた「宮泉」にも「写楽」の酒造りをとり入れて、同銘柄を復活させました。

その宮泉銘醸からこの時期限定の日本酒が届きました。
それが「会津宮泉」純米無濾過生。出来たてをそのまま瓶詰めした無濾過生酒です。

「会津宮泉」も「写楽」も、季節ごとに旬な酒を届けてくれるんですよね。
飲兵衛としては、季節ごとに最旬の美酒をいただけるのは有難い。今年も出会えてラッキーです。ありがとう、宮泉さん!

■飲み口は

それでは早速、会津の名蔵から届いた季節限定酒「会津宮泉」純米無濾過生をいただきましょう。

ひと口ふくむと、果実のようなフレッシュ香味が広がります。
これはメロンでしょうか…。さすがは出来たての無濾過生、採れたての果実のような瑞々しさが弾けます。

それでいて、この酒は後味には、それまでの風味をリフレッシュするような渋い苦みが残ります。
これが杯を加速させます。特に、魚や肉などの食材と合わせたときは絶妙…。最高の食中酒ではないでしょうか。

飲み進めるほどに、力強い旨みが増していきます。
フレッシュな清涼感と熟練のような旨み。この相反するような味わいを両立させているのが、会津の名蔵「宮泉銘醸」のなせる技なのかもしれません。

ありがとう、宮泉! ありがとう、無濾過生酒!

■基本情報

品名:會津宮泉 純米 無濾過生
アルコール分:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:60%
製造者:宮泉銘醸株式会社
福島県会津若松市東栄町8-7

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事