「59Takachiyo AIMACHI」!愛山と雄町のブレンドが生み出す爽快美酒

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、高千代酒造から届いた、アルファベットの「Takachiyo」シリーズ、「59Takachiyo AIMACHI」です。

■59Takachiyo AIMACHI

今日いただく日本酒は、新潟県南魚沼のチャレンジ酒蔵・高千代酒造から。
「59Takachiyo」シリーズのCHAPTER Ⅲ(第3章)、「59Takachiyo AIMACHI」です。

アルファベット名を冠した「Takachiyo」シリーズは、精米歩合を扁平精米59%で統一。
酵母もすべて協会1801を使用した無調整生原酒のシリーズです。

醸造の都度、変えるのは酒米です。CHAPTER Ⅲで使用するのは「愛山」(あいやま)と「雄町」(おまち)のブレンド
だからネームが「AIMACHI」なのか…。漢字にするなら「愛町」、ステキです。

酒米の代表格にして希少米同士。この組み合わせで醸すと、どんなTakachiyoが出来上がるのか。
ゴクリ…。開栓前から喉が鳴ります。

■飲み口は

それでは早速、「59Takachiyo AIMACHI」をいただきましょう。

栓を開けて杯に注いで、ひと口含みます。
すると、爽やかな果実の香りが広がりました。これは、蜜柑でしょうか…。

キュンと広がる柑橘系の酸味
ただ、その後に蜜のようなやわらかい甘みが膨らんでいきます。

これが、愛山と雄町の酒米ブレンドが醸す旨みなのでしょう。
愛山の甘みと雄町の酸味。それぞれの持ち味が組み合わさって、「AIMACHI」(愛町)ならではの美味が生まれました。

酒米ブレンドが生み出した「59Takachiyo AIMACHI」。とても美味しかったです。
すごいな、高千代酒造。こんなチャレンジして、こんな美味しい酒をつくるなんて。これからのTakachiyoシリーズも楽しみです。

ありがとう、59Takachiyo AIMACHI! ありがとう、高千代酒造!

■基本情報

品名:59Takachiyo AIMACHI
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:59%(扁平精米)
原料米:愛山22.5%、雄町77.5%
アルコール分:16度
使用酵母:きょうかい1801
製造者:高千代酒造株式会社
新潟県南魚沼市長崎328-1

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事