こんにちは。夢中へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ふたたび「日本酒応援団」をとり上げます。
今回のパートナーは大分国東の萱島酒造。その日本酒の銘柄は「日本酒応援団KUNISAKI」純米大吟醸・無ろ過生原酒です。

■日本酒応援団

日本酒応援団は、「日本酒のあるライフスタイルを、世界中に。」というビジョンのもと、日本が誇る商品・文化である「日本酒」をとことん応援する、新進気鋭の会社です。
日本酒愛の強い、多種多様なバックグラウンドの持つメンバーが集まって、2015年に創業されました。

日本酒応援団が特に注力するのは、全国的には知名度がなくても、高い技術力と強烈な情熱をもって奮闘している小さな酒蔵
彼らは、こうした小さな酒蔵と組んで、社員全員が酒米の田植えから日本酒造り、そして販売まで現場で取り組んでいます。
こうした現場主義を徹底することで、どんな売り手よりも製造現場を知り尽くし、どんな造り手よりも販売現場と飲み手のことを理解することを目指しています。

追い求めるのは、日本酒愛に溢れる酒蔵と二人三脚で、その蔵のこだわりと技術を結集した、そこでしか造れない「極上の一本」を生み出すこと。
どうしても少量生産になりますが、それでも品質に妥協することはありません。全て地元農家の県産米を使った、純米・無ろ過生原酒です。

■KUNISAKI 純米大吟醸

そんな日本酒応援団が応援する日本酒。
今回、パートナーとなったのは、大分国東に蔵を構える萱島酒造です。

日本酒応援団が地域の酒蔵と一緒につくる日本酒は、その地域の名前を銘柄名にしたオリジナルブランドです。
大分国東の酒蔵とつくった日本酒の名前は、もちろんその地名をとって「KUNISAKI」

「日本酒応援団KUNISAKI」純米大吟醸・無ろ過生原酒
これまで、島根の「KAKEYA」、新潟「NAGAOKA」、石川「NOTO」、埼玉「AGEO」に続き、5本目の日本酒応援団にTRYします。

■飲み口は

それではさっそくいただきます。

ひと口ふくむと、芳醇な旨みが口の中に広がります。
甘みとコク。その後に、独特な酸味がやって来ます。これは女性も好きなやつです。

なんでも萱島酒造は、明治40年に初めて開催された全国品評会で一等入賞し、その後日本で初めて「大吟醸酒」を市販した酒蔵。
今回初めて、45%まで磨いた純米大吟醸の生酒を商品化しました。

いわく「ワイングラスで楽しみたい、九州型大吟醸」
なるほど。確かに九州の白身魚をつまみに、ワイングラスで飲んだら、すぐにご機嫌になれるかも。
でも、結構アルコール度数高めだから、飲みすぎには要注意ですね。

■ストーリー

なお、日本酒応援団の日本酒は、味へのこだわりはもちろんのこと、日本酒にかける造り手の情熱や産地の歴史など、その日本酒にしかない様々な「体験」をストーリーとして届けています。

「KUNISAKI 純米大吟醸」のストーリーはこちら。

蔵元 萱島進 ストーリー「国東の地で、飲み続けてもらう酒造り」
1300年以上の歴史を誇る「鬼文化」で知られる国東半島。
明治6年以来変わらない「九州型日本酒」の精神で良酒を醸すのが、言わずと知れた西の傑物「萱島酒造」。
5代目蔵元の萱島は、その豪傑ぶりと情の厚さで国東の人々から慕われる。
スッキリ辛口系、香り系…これまで流行りの酒を造って欲しいという客は再三いたが、応じたことは一度もない。
蔵人の一人が米農家になると言ったときは「食用米でもあまったら買い取ってやる、酒米を造るなら全部買い取ってやる」と激励し今も実践している。
「酔っぱらっても、飲み続けられる酒がいい酒なんだ」今宵も豪快な笑い声が響きわたる。

「西の傑物」が初めて商品化した「九州型大吟醸」。ぜひお試しあれ!

ありがとう、萱島酒造! ありがとう、日本酒応援団!

■基本情報

名称:KUNISAKI 2018 純米大吟醸 無濾過生原酒
原材料名:米、米こうじ
アルコール分:17-18度
精米歩合:45%
原料米:大分県国東町産五百万石 100%
製造年:2018年
製造場所:萱島酒造

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事