• 中部
    世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE" 九平次って?SAUVAGEって?
    2017年11月3日
  • 中部
    「作(ざく)玄乃智」 2017年純米酒部門ワンツーフィニッシュの実力!ザクとは違う作(ざく)へ!
    2017年10月27日
  • 四国
    花河童もほろ酔い気分!? 日本酒オン・ザ・ロック 土佐の地酒” 久礼”夏限定酒
    2017年7月7日
  • 東北
    セクスィー山本酵母がお仕置きよ!?黄色いラベルの刺激的な日本酒「山本 純米吟醸」
    2017年9月22日
  • 関西
    純米酒「七本鑓」限定活性にごり酒 白い雲が瓶の中で暴れる?生きた日本酒!
    2017年12月1日
  • 中国
    東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
    2017年10月13日
  • 東北
    幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
    2018年2月9日
  • 東北
    「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。
    2017年4月27日
  • 新潟・長野
    ワイナリーが造る本気の日本酒。コルクを開けて飲む大人の酒"ヌメロシス ル サケ エロティック"
    2017年6月2日
  • 東北
    躍動感あふれる秋限定しぼりたて新酒!
    純米吟醸「ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて生酒」
    2017年11月24日
  • 東北
    純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
    2017年12月22日
  • 東北
    秋田の誇る次世代蔵「秋田醸造」が送る、甘みとコクと酸の背骨がある銘酒「ゆきの美人」。サライも推してます!
    2016年12月17日
  • 中国・四国
    四国香川がつくり出すキラキラした日本酒
    「月中天」だるまラベル
    2017年9月29日
  • 東北
    全量純米大吟醸へのこだわり 庄内から世界を目指す”楯野川”
    2018年1月12日
  • 北海道
    雪氷室に雪中貯蔵 ここでしか造れない美酒 北海道の純米大吟醸"国士無双"
    2017年6月30日
  • 四国
    一口飲んだら「おいしい」言うてもらえるお酒を造ろうや…愛媛の小さな酒蔵がつくった「にこまる純米酒 寿喜心」
    2017年5月19日
  • 新潟・長野
    愛山を使用した美しい日本酒 ”Takachiyo 純米吟醸 無調整生原酒”
    2018年2月16日
  • 北陸
    大人の甘酒”手取川 白寿” 出来立ての感動を味わう純米にごり酒
    2018年1月19日
日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」

 
こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、岡山の地酒、特別純米酒「庵(あん)」です。

■備前雄町

岡山県倉敷の地酒です。
その特徴は、酒米に当地産「備前雄町」を使っていること。

「備前雄町」は、現存する日本最古の酒米です。
まぼろしの酒米としても名高い、この岡山県産の雄町米を100%使用した日本酒、それが「庵(あん)」です。

蔵元は、岡山県倉敷市の熊屋酒造です。
倉敷の地で地元産の酒米にこだわり、地元に根ざした酒造りを行なっています。
米こうじにも岡山県産米を使うこだわりぶりです。

■名前の由来

「庵(あん)」という名前の由来は、江戸中期1716年にこの地で酒造りを始めた3代目「庵谷(いほりや)伊七」の苗字の一字を取ったもの。
現在の当主は14代目となる庵谷晴男さん。

ちなみに、「熊屋酒造」の名前は、蔵の北側にある熊野神社(紀州熊野大社の分社)から一字を取って付けられました。

■飲み口は?

さて、飲んだ感想ですが、一言でいうと、力強い純米酒です。

ひとくち含むと、果実の香りと酸味が口の中に広がりますが、ゴクンと飲み干すと、米の香りが後味としてしっかりと残ります。
口の中に米こうじの成分がしばらく残っている感じ。

これは酔いがまわるのが早そう。
この独特な後味は、「日本最古の酒米」の醸し出す風味なのかもしれません。

実は、栓を開けた1日目は、そんな後味もあって微妙な印象だったのですが、次の日に飲んでみたら、印象が変わりました。

空気に触れて、まろやかさが加わったのでしょうか。
それとも、つまみの刺身との相性が良かったのでしょうか。
まるで違う酒になったかのように、まろやかで芯の強い後味が楽しめます。
これまたクイクイといっちゃって、すっかり酔っ払っちゃいました。

昔のひとも、瀬戸内海で漁れた新鮮な魚介を肴に、「備前雄町」を使ったこのお酒を飲んでいたのかもしれません。

ありがとう、備前雄町の酒「庵(あん)」!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

関連キーワード
中国の関連記事
  • 東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
  • 巨匠も絶賛 ”獺祭”はフレンチに合う!? いつも通りの”獺祭”で世界に挑む!
  • 日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
  • 「味わう酒」へのこだわりが生んだ銘酒、純米大吟醸「獺祭」。冬季限定の寒造早槽を飲む。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事