下町ワイナリーが届ける極上スパークリングワイン「デラウエア」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、国産ワイン蔵「BookRoad~葡萄人」の提供するスパークリングワイン「デラウェア」です。

■葡萄人

東京都下にあるワイナリー、「BookRoad~葡蔵人(ぶっくろうど)~」
それも下町情緒の残る台東区にあります。

東京とワイナリーという意外な組み合わせに、驚きと好奇心から、以前にこのワイナリーがつくるワインにトライしました。
※そのときの記事はこちら

これがムチャうまでびっくり。
よくよく調べると、この「BookRoad~葡萄人」、こだわりのワイン造りをする本格派
葡萄は国産葡萄 100%。日本産だけしか使わない。しかも、同ワイナリーの皆が畑の手入れから収穫までやっていました。

「つくるを楽しむ」がこのワイナリーのコンセプト。
ものづくりを楽しむ、下町「都市型」ワイナリー、すっかりファンになってしまいました。

■デラウェア

そんな「BookRoad~葡萄人」のワインを再びいただきます。
今回いただくのは、スパークリングワイン。その名も「デラウェア」です。

デラウェアは食用として人気のあるブドウですが、ワインの原料としても使われることがあります。
このワインで使用されているのは、山形県南陽市産のデラウェア100%。

これを粗めの濾過処理によってデラウエア本来の果実味を残し、瓶内2次発酵ででスパークリングワインに仕上げました。

ちなみに、ラベルデザインは、ホタテのうまみ・甘みを引き立たせることができるというメッセージ。
これは、もう開けるしかないでしょう!

■飲み口は

…ということで、たまらず開栓。さっそくグラスに注ぎます。

ひと口含むと、なんともフレッシュな香り。
発泡感たっぷりです。ジャパニーズ・シャンパン?

程よい酸味がやわらかく広がる、爽やかな飲み口
これ、料理を引き立てそう。名脇役って感じです。

確かにホタテとか魚貝に合うのは間違いなし。
この日はホタルイカをつまみに杯を傾けましたが、もう止まらなくなりました。

美味しいな、「BookRoad~葡萄人」。また、次の作品も楽しみにしてます。

ありがとう、BookRoad~葡萄人! ありがとう、デラウェア!

■基本情報

品名:デラウエア 葡蔵人
原材料名:葡萄(国産)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
製造者:Book Road 葡蔵人
有限会社K'sプロジェクト 東京都台東区台東3-40-2

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事