こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、長野の銘酒「明鏡止水」です。

■明鏡止水

明鏡止水(めいきょうしすい)とは、邪念がなく、澄み切って落ち着いていること。
その名の通り、澄み切った、爽やかな日本酒です。

この酒をつくったのは、長野は佐久の酒蔵、大澤酒造。
北に浅間山、南に蓼科山を見晴らせる長野県東部に位置し、良質な米と水に恵まれた環境のもと、「邪念なく」酒づくりに励んでいるようです。

■飲み口は

さて、その味ですが。。。
ひとことで言うと、力強い!

一口飲むと、口のなかに濃厚な米の香りが広がります。
「澄み切った」といっても、端麗ではなく濃醇。

これは日本酒の王道といった感じ。
米麹の香りが残っていて、胃に染み入ります。
苦手な人には厳しいかもしれませんが、ハマる人にはハマりそう。

個人的にはちょっとハマっちゃいました。
この前買ってきた千葉房総のつまみを肴に杯を傾けたら、あっという間にいい気分に。
飲み過ぎ注意の日本酒です。

ありがとう、大澤酒造!これからも明鏡止水な酒づくりをよろしく!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事