こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ニッカ「アップルワイン」です。

■ニッカ アップルワイン

NHK朝ドラ「マッサン」のモデル竹鶴政孝氏。
彼が北海道余市につくった会社が、ニッカウヰスキーです。

日本産の本格スコッチ・ウィスキーをつくるために北海道の地に渡ったのですが、ここで一つ問題が。
ウイスキーは蒸留した後に、寝かせて熟成させる必要があるため、すぐに売ることができません。

そこで彼は、ウイスキーが完成するまでの間、地元特産のリンゴをジュースにして売ることにしました。
そのために設立した会社が大日本果汁株式会社です。1934年のことでした。

ニッカウヰスキーの「ニッカ」は、この「大日本果汁」に由来します。
漢字で書くと「日果」。大日本果汁の「日」と「果」をとっているんですね。

そんなマッサンが、ニッカウィスキーより先に世に送り出した酒が、今回紹介する「アップルワイン」です。
リンゴのワインにリンゴのブランデーを加えて、ブランデー樽で熟成させた原酒を使用。

マッサンの夢と思いが詰まったお酒。それがこのニッカ「アップルワイン」です。

■飲み口は

それでは、さっそくいただきます。

グラスに注ぐと、辺りにただよう熟成されたリンゴの香り
その甘い香りに吸い寄せられるように、杯に口をつけます。

ぐびり。その瞬間に口の中に広がるリンゴの甘さ。
濃厚にしてやさしい甘みです。目の前に北海道のリンゴ畑が浮かびます。

その甘みは喉を過ぎた後も、しっかりと口の中に残っています。
だから、その余韻が残るまま、次の杯を楽しめます。

これヤバいですね。どんどん杯が進みます。リンゴ何個食べた換算だろう?
飲み方は、そのままでも、ロックでも、ハイボールにしてもいいみたい。

マッサンの夢のはじまり、ニッカ「アップルワイン」
さあ、次はニッカウィスキーをいただこうかな…。ヒック…。

ありがとう、ニッカアップルワイン! ありがとう、マッサン!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事