”寿来”ラベルの限定酒 長野の老舗酒造こだわりの地酒”明鏡止水”純米大吟醸

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、長野の地酒「明鏡止水 純米大吟醸 寿来(じゅらい)」です。

■大澤酒造

蔵元は、長野県は佐久市にある大澤酒造。
この蔵元を当「夢中図書館」で紹介するのは2回目になります。
※前回の記事はこちら

蔵のある佐久市茂田井は、中山道の望月宿と芦田宿の間にある茂田井宿として栄え、創業の大澤家は元禄2年(1689年)に酒造りをはじめました。
同地は、北に浅間山、南に蓼科山を見晴らせる長野県東部に位置し、豊富な米と良質な水に恵まれた、酒造りの好適地です。
美味しい酒造りに恵まれた環境のもと、古い伝統を守りながら、丁寧な酒造りを行っている酒蔵です。



■明鏡止水 寿来

その大澤酒造の代表的な銘柄「明鏡止水」。
明鏡止水とは、邪念なく、澄み切って落ち着いていることです。
大澤酒造の酒造りへのこだわりを示した銘柄といえるでしょう。

もう一つ、加えられた言葉「寿来」。
なんとも縁起が良さそうな名前ですが、読み方は「じゅらい」。
英語で7月をあらわす「July(じゅらい)」に、「寿(じゅ)」と「来(らい)」という漢字を当てたもの。
7月発売の限定酒です。

■飲み口は

さっそくいただきます。その飲み口は…。

純米大吟醸だから軽やかな飲み口かと思って飲むと、裏切られます。
思いのほか力強い。酸味も米の香りもガツンと来る感じ。
アルコール分もちょっと高め。強い酒が苦手な人はオンザロックでもいいかもしれません。




それでいて、さすがは大吟醸、切れ味もあります。
ちょっとマスカット系の透き通った爽やかな風味が口の中に広がります。

しかも、うれしいのはコストパフォーマンス。
純米大吟醸720mlで1500円はうれしい!7月限定といわずに、通年でやってくれないかしら。

ありがとう、大澤酒造! ありがとう、明鏡止水寿来!

■基本情報

銘柄:明鏡止水 純米大吟醸 寿来(じゅらい)
アルコール分:16度以上17度未満
原材料:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:50%
日本酒度:+3
酸度:1.6
製造元:大澤酒造株式会社 長野県佐久市茂田井2206




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です