四国香川がつくり出すキラキラした日本酒 「月中天」だるまラベル

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、可愛らしいだるまのラベルの日本酒「月中天」(げっちゅうてん)無濾過純米吟醸です。

■月中天

なんとも可愛らしいラベルですね。
「月中天」の力強い筆文字のまわりを、色とりどりのだるまが飛び跳ねています。

よくよく見ると、そのだるまのお腹には、「酸味」や「渋味」、「旨味」、「甘味」といった文字が書かれています。

なんでも、杜氏が、この酒は「ミラーボール」だと評しているみたい。
キラキラとしたクリスタルな感じって…。どんな酒なんだろう…?



■飲み口は

それではいただきます。

口に含むと、結構な濃い口。アルコール分も高めで、とろりとした味わいです。
確かに、旨味も甘味も口の中に飛び込んできますが、一番は「酸味」。

のどを通るときのすっぱさが強力です。
ある意味、「ミラーボール」の光のように、酸味が口の中を弾けるようなのど越し。
そして、最後に口の中に残るのが「渋味」。

ラベルの色とりどりのだるまに踊らされるように、杯が進みます。
気づいたら、自分の頭のなかが、キラキラ(クラクラ?)のクリスタルな感じに…。
くれぐれも飲みすぎには注意しましょう…。

■西野金陵

この日本酒「月中天」をつくる蔵元は、香川県の西野金陵株式会社。
香川ではトップシェアを誇る酒蔵です。

酒蔵のある琴平町は、「こんぴらさん」の愛称で知られる「金比羅宮」がある街です。
金比羅宮の御神酒を造っているのが西野金陵。伝統ある清酒メーカーですね。

こんぴらさん、行ったことがないのですが、伝統工芸品の讃岐一刀彫のだるまが人気とのこと。

そんなだるまをラベルに刻み込んだ「月中天」。伝統と多彩な味が楽しめる、飲みすぎ注意の美味しいお酒でした。

ありがとう、月中天! ありがとう、だるまさん!


こんぴらさん(写真ACより)

■基本情報

銘柄名:月中天(げっちゅうてん)無濾過純米吟醸生原酒
アルコール分:17度以上18度未満
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
原料米:さぬきよいまい(香川県産)100%
精米歩合:58%
製造元:西野金陵株式会社 香川県多度郡琴平町623




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です