こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、大好きな「日本酒応援団」のシリーズから、「KAMOGATA」純米大吟醸・無ろ過生原酒です。

■日本酒応援団

日本酒応援団は、「日本酒のあるライフスタイルを、世界中に。」というビジョンのもと、日本が誇る商品・文化である「日本酒」をとことん応援する、新進気鋭の会社です。
日本酒愛の強い、多種多様なバックグラウンドの持つメンバーが集まって、2015年に創業されました。

日本酒応援団が特に注力するのは、全国的には知名度がなくても、高い技術力と強烈な情熱をもって奮闘している小さな酒蔵
彼らは、こうした小さな酒蔵と組んで、社員全員が酒米の田植えから日本酒造り、そして販売まで現場で取り組んでいます。
こうした現場主義を徹底することで、どんな売り手よりも製造現場を知り尽くし、どんな造り手よりも販売現場と飲み手のことを理解することを目指しています。

追い求めるのは、日本酒愛に溢れる酒蔵と二人三脚で、その蔵のこだわりと技術を結集した、そこでしか造れない「極上の一本」を生み出すこと。

”Small Brew"-少量だからこそ、できる味ー

どうしても少量生産になりますが、それでも品質に妥協することはありません。全て地元農家の県産米を使った、純米・無ろ過生原酒です。

■KAMOGATA 純米大吟醸

そんな日本酒応援団が応援する日本酒。
今回、パートナーとなったのは、岡山県浅口市鴨方町にある丸本酒造です。

この丸本酒造、米作りにこだわる酒蔵です。
ラベルには、「米おたくが挑む、幸せのトロみ。」なんて書かれています。

「米おたく」と呼ばれるほど、米にこだわるのが当主・丸本仁一郎さんです。
日本酒応援団、恒例の店主ストーリーは次のように綴られています。

~当主 丸本仁一郎ストーリー~
「マネーチェーンでハッピーチェーンを」
晴天率全国一位の岡山で、日本酒にとって最適な米を独自に開発するべく、すべてのお米を自社栽培。
広大な田んぼをメートル単位で分析・数値管理するという桁外れのこだわりで理想のお酒を目指す。
柔らかな物腰と笑顔で繰り広げられる丸本の哲学はまさにオンリーワン。
宇宙とつながり、人を幸せにするお酒をモットーに、今の日本酒業界に足りていないのは、日本酒愛、ハッピーな心と説く。
蔵を継ぎ、米作りを始めて30年余、「持続的」な酒造りのためただただ謙虚に徹底的に米と酒と対面してきたからこその深い言葉だ。

■飲み口は

それでは、早速いただきます。

やさしい香りトロみのある口当たり
口に含むと、酸味の後にジュワーっと芳醇な甘みが広がります。

「幸せのトロみ」とは言い得て妙!ハチミツのようなとろ甘さ
後味もしっかりと残ります。それほど濃厚な飲み口。

いい意味で大吟醸とは思えぬ逞しさを感じます。
さすがは米おたく当主がこだわった、日本酒愛たっぷりの逸品。ハッピーになれる日本酒です。

ありがとう、丸本酒造! ありがとう、日本酒応援団!

■基本情報

品名:KAMOGATA 純米大吟醸・無ろ過生原酒
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合:50%
アルコール分:16.5度
原料米:岡山県産山田錦100%
製造者:丸本酒造株式会社 岡山県浅口市鴨方町本庄2485

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事