こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、宮城の夢幻蔵元が醸す銘酒、「天上夢幻濁酒」純米吟醸、無濾過にごり酒です。

■夢幻蔵元

夢幻蔵元を称するのは、宮城県加美町に蔵を構える中勇酒造店。
純米、吟醸の酒づくりにこだわる老舗蔵で、主力銘柄は、その名も「夢幻」。

品質第一の社是のとおり、地元の米と奥羽山系の地下伏流水を使い、南部杜氏が研究開発を重ねてつくり出す地酒。
そのこだわりは、米は手とぎ、伝統の和釜、こしきを使った手造りの酒づくりにあらわれています。

26代目となる蔵主は次のように語っています。

手造りがすべて良いとも思いません。心がこもっていなければ、手落ちとなります。
常に飲み手の立場になり、また一方で創り手としての哲学と信念で頑固な酒があっても良い。
他のまねをすることもない。あくまで地の酒として特長のある、しかも愛される「旨口」の酒質を目指します。

すべて瓶貯蔵というのもこだわりの一つ。「夢幻」の想いが瓶一本一本に詰め込まれた日本酒です。

■飲み口は

今日いただくのは、主力銘柄「夢幻」の中から、数量限定の無濾過にごり酒。
冠された名は「純米吟醸 天上夢幻濁酒」。

仙台駅内の酒屋で蔵元が特別販売していたのを試飲して、即買いしました。
「デカンタ入り」と書いてあるとおり、コルク栓の可愛らしい瓶にも惹かれますよね。

それでは、さっそくいただきます。
杯に注ぐと、そこは無濾過のにごり酒。どろーりと、そしてとっぷりと杯が満ちます。

杯のなかでオリが舞う様を少し眺めてから、杯を口にはこびます。
甘く、そして濃厚…。柔らかい味わいのなかに、しっかりとした深いコク。

これは間違いなくヤバいやつです。口当たりが良くてホイホイ杯が進んじゃう。
飲み口も香りもやさしいので、女性にも受ける酒ではないでしょうか。

そういえば、来月には桃の節句、ひな祭りがあります。
大人女子は、甘酒の変わりに「天上夢幻」のにごり酒ってのもいいかもしれません。
…くれぐれも飲みすぎにはご注意を。

ありがとう、天上夢幻濁酒!ありがとう、夢幻蔵元!

■基本情報

アルコール分:15度以上16度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:60%
製造者:中勇酒造店、宮城県加美郡加美町字南町166

 

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事