下町ワイナリーこだわりの赤ワイン「Book Road カベルネ」

1こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、国産ワイン蔵「BookRoad~葡蔵人」の提供する赤ワイン「カベルネ」です。

■葡蔵人

東京都下にあるワイナリー、「BookRoad~葡蔵人(ぶっくろうど)~」
それも下町情緒の残る台東区にあります。

東京とワイナリーという意外な組み合わせに、はじめは好奇心からこのワイナリーがつくるワインにトライしました。
※そのときの記事はこちら

ただ、飲んでみてびっくり。とても美味しいんです。
よくよく調べると、この「BookRoad~葡蔵人」、こだわりのワイン造りをする本格派ワイナリーでした。
葡萄は国産葡萄 100%。日本産だけしか使わない。しかも、同ワイナリーの皆が畑の手入れから収穫までやっているんです。

「つくるを楽しむ」がこのワイナリーのコンセプト。
造り手の真摯な思いがこもった、下町ワイナリー。なんか池井戸潤さんの小説みたいでイイですよね。

今日は、その下町ワイナリー「BookRoad~葡蔵人」から2019年、新たに登場したカベルネソービニヨン赤ワイン「カベルネ」に初トライします。

■カベルネ

素材からこだわる「BookRoad~葡蔵人」。
この「カベルネ」で使用するぶどうは、兵庫県神戸市産のカベルネソービニヨン100%

さっそくワイングラスに注いでひと口含むと、芳醇な香りと旨みがいっぱいに広がります。
ミディアムボディの辛口赤ワイン。しっかりとした飲み口です。

酸味と渋味が見事なバランスで踊ります。
特にタンニンの渋味が舌の上にしばらく残るので、ワインが喉を通った後もしばらく余韻を楽しめます。

イチジクを思わせる色味からなのか、ラベルにイチジクが描かれているのも、なんか個性があって好きです。

ありがとう、BookRoad(葡蔵人)! ありがとう、カベルネ!

■基本情報

品名:Book Road(葡蔵人)カベルネ 1402-16
原材料名:葡萄(国産)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
アルコール分:12%
製造者:Book Road(葡蔵人)
有限会社K's プロジェクト
東京都台東区台東3-40-2

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事