• 中部
    「作(ざく)玄乃智」 2017年純米酒部門ワンツーフィニッシュの実力!ザクとは違う作(ざく)へ!
    2017年10月27日
  • 東北
    純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
    2017年12月22日
  • 中国
    日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
    2017年6月23日
  • 新潟・長野
    愛山を使用した美しい日本酒 ”Takachiyo 純米吟醸 無調整生原酒”
    2018年2月16日
  • 中部
    新年の門出を祝う日本酒「初亀」粉雪舞うかすみ酒で乾杯!
    2018年1月5日
  • 中国
    東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
    2017年10月13日
  • 関西
    純米酒「七本鑓」限定活性にごり酒 白い雲が瓶の中で暴れる?生きた日本酒!
    2017年12月1日
  • 北海道
    雪氷室に雪中貯蔵 ここでしか造れない美酒 北海道の純米大吟醸"国士無双"
    2017年6月30日
  • 東北
    「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。
    2017年4月27日
  • 関西
    その名の由来は秀吉を天下人にのし上げた「賤ヶ岳の七本槍」!勝利の酒「七本鎗」を飲む。
    2017年5月26日
  • 中部
    世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE" 九平次って?SAUVAGEって?
    2017年11月3日
  • 東北
    大内宿の茅葺屋根と江戸の賑わいに思いを馳せて、
    会津の地酒「花春 大内宿」
    2017年11月10日
  • 東北
    躍動感あふれる秋限定しぼりたて新酒!
    純米吟醸「ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて生酒」
    2017年11月24日
  • 四国
    純米吟醸第1位「土佐しらぎく」土佐の自然と百年の思いが醸す最高の飲み心地
    2017年12月29日
  • 東北
    純米吟醸 ささら「愛宕の松」 想いを託して天を舞う新酒
    2017年12月15日
  • 中国・四国
    四国香川がつくり出すキラキラした日本酒
    「月中天」だるまラベル
    2017年9月29日
  • 東北
    幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
    2018年2月9日
  • 四国
    一口飲んだら「おいしい」言うてもらえるお酒を造ろうや…愛媛の小さな酒蔵がつくった「にこまる純米酒 寿喜心」
    2017年5月19日
世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE

 

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、世界でも注目される、人気の日本酒「醸し人 九平次 純米大吟醸 雄町 SAUVAGE」です。

■醸し人 九平次

「醸し人 九平次」。「かもしびとくへいじ」と読みます。
味ももちろんですが、気になるのはやはり、その名前の由来ですよね。

「九平次」は、蔵元が代々、襲名する名前なのだそうです。
ちなみにこの日本酒「醸し人九平次」は、15代目の久野九平次さんが1997年につくり上げました。

その蔵元である萬乗醸造は、愛知県名古屋市にある酒造メーカーです。
9代目九平次のときに日本酒の醸造を始めました。

はじめは大手の酒蔵の下請けだったようですが、15代目となってから、少量の高品質な日本酒づくりに特化するようになります。

もともと技術力が高かったのでしょう。
日本はもちろん海外にも、そのブランドは知られるようになります。
特に、フランスでは人気が高く、パリの3つ星レストランで提供されるほどです。

■その飲み口は

さっそく、その世界でも人気の日本酒をいただきます。

口に含むと、ピリリと酸味が舌の上にひろがります。
それでいて酒米の醸す甘みもある。これが芳醇っていうのでしょうか?

女性にも人気と言うから、もう少し軽めを予想していましたが、思いのほか力強い飲み口です。
重めの白ワイン、という感じでしょうか。ワインをたとえに出すほど、純度が高い。
ラベルにも、「ワイングラスでお召し上がり頂くと、香り、表情を多岐に感じて頂けると思います。」なんて書いてます。

しかも、「チーフブリュアリスト 佐藤彰洋」なんて見慣れない文字が。
これは杜氏のことなのかしら?
この辺の洒落た、いま風な感覚が、女性にも受けている理由かもしれません。

■SAUVAGE(ソバージュ)

…と、こうしている間にも、2杯目、3杯目と、杯が進みます。
不思議なことに、杯を進めるごとに、この酒の旨味が広がっていきます。
純度が高いから、さらにお代わりしたくなるのでしょうね。

でも、結構強い酒だから、気をつけないといけません。
なんてったって、銘柄に付いている「SAUVAGE(ソバージュ)」はフランス語で「野性」の意味。
原料米の岡山県産「赤磐雄町」は、酒米の王者とも称される歴史ある酒米で、野性味ある風味が魅力です。
確かに、「野生」の名のとおり、飲み進めるほどに力が満ちてくる気がします。

えっ?酔っ払っているだけだって?日本酒女子の皆さん、くれぐれも飲み過ぎには気を付けてください。
ありがとう、醸し人九平次! ありがとう、15代目!

■基本情報

醸し人九平次 純米大吟醸 雄町 SAUVAGE
原料米:雄町(岡山県赤磐産)
精米歩合:50%
醸造元:株式会社萬乗醸造

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

関連キーワード
中部, 中部・北陸の関連記事
  • 新年の門出を祝う日本酒「初亀」粉雪舞うかすみ酒で乾杯!
  • ボジョレーに負けるな!日本には山梨ヌーボーがある!勝沼醸造「アルガーノ甲州2017」
  • 世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE" 九平次って?SAUVAGEって?
  • 「作(ざく)玄乃智」 2017年純米酒部門ワンツーフィニッシュの実力!ザクとは違う作(ざく)へ!
  • 「作(ざく)穂乃智」 ガンダムファンも注目の日本酒は"SAKE COMPETITION 2017"金賞の実力派
  • 気骨あふれるシャープな飲み口
    静岡由比の酒 "正雪 無量寿 大吟醸"

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事