こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、この時期限定の新酒、「愛宕の松 純米吟醸 ささら おりがらみ生酒」です。

■新澤醸造店

日本酒ファンにとって嬉しい新酒の季節。
今回は、東北は宮城の地酒「愛宕の松(あたごのまつ)」の新酒をいただきます。

蔵元は宮城県の新澤醸造店です。
この「愛宕の松(あたごのまつ)」のほか、JALのファーストクラスでも提供されていた「伯楽星」を醸す、実力派の酒蔵です。

この新澤醸造店は明治から続く歴史ある蔵元なのですが、2011年に起きた東日本大震災で一度、廃業の間際までに追い詰められました。
震災の衝撃により創業の地での醸造継続は困難となりましたが、酒造りへの強い思いが奇跡をもたらします。

幸運にも、山形県境の川崎町に、使われていない酒蔵を見つけたのです。しかもこの地は山あいにあって、綺麗な水がふんだんに湧き出ていました。
廃業の危機が一転、めぐまれた環境のもと、新たな門出を迎えることとなったのです。

■愛宕の松

それでは早速、復興の証ともいえる「愛宕の松(あたごのまつ)」をいただきます。
しかもこの時期限定の、フレッシュな生酒です。

さて、そのお味は。。。?

おりがらみなので、白濁しています。瓶を傾けると、おりがやわらかに舞います。

口に含むと、なんとも若々しい酸味を感じます。すっきりしたキレ味があります。

ラベルにはこんな風に書かれています。

小さな(ささら)お米、ひとつぶひとつぶに想いをたくし、天(ささら)を目指す酒造り

「ささら」って、ダブルミーニングだったのね。
確かに、こんな爽やかな酒を飲んでたら、天(ささら)まで舞い上がっちゃいそう…。

ありがとう、愛宕の松! ありがとう、新澤醸造店!

■基本情報

アルコール分:16度
精米歩合:55%
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
製造者:株式会社新澤醸造店

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事