• 東北
    躍動感あふれる秋限定しぼりたて新酒!
    純米吟醸「ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて生酒」
    2017年11月24日
  • 中部
    気骨あふれるシャープな飲み口
    静岡由比の酒 "正雪 無量寿 大吟醸"
    2017年9月1日
  • 新潟・長野
    愛山を使用した美しい日本酒 ”Takachiyo 純米吟醸 無調整生原酒”
    2018年2月16日
  • 東北
    ワイン酵母の酸味と清酒酵母の穏やかな香り 日本酒「和韻 山本」
    2017年6月16日
  • 四国
    花河童もほろ酔い気分!? 日本酒オン・ザ・ロック 土佐の地酒” 久礼”夏限定酒
    2017年7月7日
  • 中国
    日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
    2017年6月23日
  • 北陸
    大人の甘酒”手取川 白寿” 出来立ての感動を味わう純米にごり酒
    2018年1月19日
  • 東北
    純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
    2017年12月22日
  • 四国
    純米吟醸第1位「土佐しらぎく」土佐の自然と百年の思いが醸す最高の飲み心地
    2017年12月29日
  • 東北
    大内宿の茅葺屋根と江戸の賑わいに思いを馳せて、
    会津の地酒「花春 大内宿」
    2017年11月10日
  • 中部
    世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE" 九平次って?SAUVAGEって?
    2017年11月3日
  • 東北
    君は飼いならせるか?個性的で好戦的な日本酒、新政版シャンパン「亜麻猫スパーク 」
    2017年10月6日
  • 東北
    夏にぴったりの涼やかな発泡日本酒 "山本スパークリング 純米吟醸"
    2017年8月25日
  • 中部
    新年の門出を祝う日本酒「初亀」粉雪舞うかすみ酒で乾杯!
    2018年1月5日
  • 東北
    「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。
    2017年4月27日
  • 東北
    セクスィー山本酵母がお仕置きよ!?黄色いラベルの刺激的な日本酒「山本 純米吟醸」
    2017年9月22日
  • 中国・四国
    四国香川がつくり出すキラキラした日本酒
    「月中天」だるまラベル
    2017年9月29日
  • 東北
    陸奥八仙ヌーヴォー 新酒の時期限定のフレッシュでピチピチな日本酒
    2017年12月8日
竿燈まつりの後に

 

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今回の夢中は、秋田竿燈まつりの後の日本酒「竿灯」です。


■とっぴんぱらりのぷ

秋田竿燈まつりの後、興奮冷めやらぬ気持ちを鎮めるべく(?)、駅前の居酒屋に入りました。

すでに、会場で美味しい生ビールをいただき、相当出来上がっていたので、ターゲットは日本酒です。
「秋田の地酒」という文句に惹かれて入店したのは、「とっぴんぱらりのぷ」というお店。

ビルの5階にあるおしゃれな飲み屋です。

お通しがこの4品って、嬉しいですよね。オシャレだし女子ウケしそう。
ちなみに店内は男女半々かな。女子の一人飲みもいました。

■秋田の地酒

まずは、店のオススメという、ペアリング日本酒なるものを注文。
日本酒とそれに合ったつまみを提供するというもので、この日は、地元秋田の銘酒新政の亜麻猫と、同じく秋田の横手市産のブルーベリーのペア。
え?ブルーベリー?

早速いただきますと…。
確かに酒が進みます。びっくり!
亜麻猫って酸味が強めなので、甘いブルーベリーとよく合います。酸味と甘みのコラボで、杯が進むんですね。

続いて、こちらもオススメの「刈穂 山廃純米吟醸 龍湖」。
こちらは、秋田の老舗酒造「刈穂酒造」と、酒米を栽培する「味楽農場」がコラボした日本酒だそうです。いわゆるPB(プライベートブランド)の限定品です。

まろやかな旨みが口の中に広がります。米の甘みがにじみ出ている感じ。
ひろく流通させてくれないかしら。

■地元の食材と蔵の水

続いて、これまた地元秋田・横手の銘酒「まんさくの花」から、「純米大吟醸 雄町酒」という逸品。

これまた美味い!濃厚な甘みととろみ。
なんでも、自家熟成2年半!
つまみで頼んだ「長芋とんぶりの茎わさび添え」とも絶妙に合います。

ちょっと飲み過ぎかな?こんなときはチェイサー(水)を…。
この店、嬉しいことに水まで、地酒にこだわってくれています。
チェイサーで提供されるのは、地元の酒蔵・阿櫻酒造の仕込み水。奥羽山系の伏流水です。
これならもう一杯いけそう(笑)。

■秋田の地酒「竿灯」

〆は、やはりこれ。地元秋田醸造がつくる地酒「竿灯」。
秋田醸造は「ゆきの美人」なんかで有名な酒蔵。秋田の若き蔵元集団NEXT5の一員ですね。

秋田の竿燈の夜を締めくくるに相応しい、すっきりとした飲み口です。
見事に締めていただきました。まさに「とっぴんぱらりのぷ」!?

祭りにも酒にも感動しました。
ありがとう、竿燈まつり!素敵な日本酒をありがとう、"とっぴんぱらりのぷ"!

■基本情報

店名:とっぴんぱらりのぷ
住所:秋田県秋田市千秋久保田町116-1秋田駅前ビル5F
アクセス:秋田駅西口より徒歩3分
営業時間:16:45~24:00 無休

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

関連キーワード
東北の関連記事
  • 幻の米"白玉”を使用した”渾身”の純米吟醸「上喜元 仕込第61号」
  • 夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
  • 全量純米大吟醸へのこだわり 庄内から世界を目指す”楯野川”
  • 純米吟醸「勝山 献」伊達家御用蔵が醸すGOLD受賞の美しい日本酒
  • 純米吟醸 ささら「愛宕の松」 想いを託して天を舞う新酒
  • 陸奥八仙ヌーヴォー 新酒の時期限定のフレッシュでピチピチな日本酒

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事