こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、「SAKE COMPETITION 2017」純米吟醸部門第1位受賞の高知の地酒「純米吟醸 土佐しらぎく」です。

■SAKE COMPETITION 2017

事実上の世界一の日本酒を決める「SAKE COMPETITION 2017」。

全国そして世界から1730点が出品。純米酒、純米吟醸、純米大吟醸など6部門でGOLD、SILVERの各賞が決まります。

今回紹介するのは、激戦の純米吟醸部門で全体の第1位の評価を獲得した、土佐高知の地酒「純米吟醸 土佐しらぎく」です。

さあ、過ぎ行く2017年を振り返りながら、世界ナンバーワンの純米吟醸に杯を傾けましょう。

■土佐の自然と100余年のDNAと

やってくれましたね、土佐しらぎく。
宮城の銘酒「勝山 献」の3連覇を阻み、見事に激戦の純米吟醸部門を制覇しました!
「勝山」もむちゃ美味しかったけどね。
※「勝山 献」の記事はこちら

その快挙を成し遂げたのは、土佐高知に蔵を構える仙頭酒造。
創業は1903年。北は四国山地、南は太平洋。自然あふれる小さな村で100年を超えて醸し続けてきました。

そのコンセプトは「フレッシュ&ジューシー」。
普段、日本酒を飲まない人や若い人に日本酒の魅力をもっと知ってもらいたいという思いを込めて、「心地よい飲みやすさ」を追求しています。

酒名の「しらぎく」は、初代仙頭菊太郎の「菊」を冠したもの。
100年経った今も日本酒づくりのDNAは受け継がれ、4代当主の長女が発案したのが、この「土佐しらぎく」です。

手間隙を惜しまず、手造りの丁寧な酒造りにこだわって醸した「土佐しらぎく」。
今回、見事に純米吟醸第1位を受賞です。蔵の人も喜んでるでしょうね。本当におめでとうございます!

■飲み口は

それでは、さっそくいただきます。

これは…。スッキリ爽やか。
「フレッシュ&ジューシー」のコンセプトどおり、新鮮でフルーティな飲み口です。

甘味と酸味のバランスが絶妙です。酸味がやや強めでしょうか。そのせいか旨みだけでなくキレ味も楽しめます。

たまたま洋食と一緒に飲んだのですが、相性がバッチリ。オリーブオイルの料理と見事にマッチします。
この辺りは「心地よい飲みやすさ」を追求した蔵の狙い通り。若者や女性も楽しめる最高の食中酒に仕上がったのではないでしょうか。

リピートしたくなる日本酒です。最近入手困難になっていますが、多くの人の手もとに届けてほしい…。日本酒ファンの一人として強くそう願うのでした。

ありがとう、土佐しらぎく! 1位受賞おめでとう、仙頭酒造!

■基本情報

純米吟醸 土佐しらぎく
アルコール分:15度以上16度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原材料名:山田錦100%
精米歩合:50%
製造者:有限会社仙頭酒造場
高知県安芸郡芸西村和食甲1551

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事