• 東北
    陸奥八仙ヌーヴォー 新酒の時期限定のフレッシュでピチピチな日本酒
    2017年12月8日
  • 四国
    純米吟醸第1位「土佐しらぎく」土佐の自然と百年の思いが醸す最高の飲み心地
    2017年12月29日
  • 関西
    その名の由来は秀吉を天下人にのし上げた「賤ヶ岳の七本槍」!勝利の酒「七本鎗」を飲む。
    2017年5月26日
  • 北海道
    雪氷室に雪中貯蔵 ここでしか造れない美酒 北海道の純米大吟醸"国士無双"
    2017年6月30日
  • 新潟・長野
    ワイナリーが造る本気の日本酒。コルクを開けて飲む大人の酒"ヌメロシス ル サケ エロティック"
    2017年6月2日
  • 東北
    君は飼いならせるか?個性的で好戦的な日本酒、新政版シャンパン「亜麻猫スパーク 」
    2017年10月6日
  • 東北
    秋田の誇る次世代蔵「秋田醸造」が送る、甘みとコクと酸の背骨がある銘酒「ゆきの美人」。サライも推してます!
    2016年12月17日
  • 関西
    純米酒「七本鑓」限定活性にごり酒 白い雲が瓶の中で暴れる?生きた日本酒!
    2017年12月1日
  • 東北
    夢幻蔵元が醸す数量限定のにごり酒 ”純米吟醸 天上夢幻濁酒”
    2018年2月2日
  • 東北
    セクスィー山本酵母がお仕置きよ!?黄色いラベルの刺激的な日本酒「山本 純米吟醸」
    2017年9月22日
  • 東北
    「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。
    2017年4月27日
  • 東北
    全量純米大吟醸へのこだわり 庄内から世界を目指す”楯野川”
    2018年1月12日
  • 中部
    世界でも人気の”醸し人九平次 SAUVAGE" 九平次って?SAUVAGEって?
    2017年11月3日
  • 新潟・長野
    愛山を使用した美しい日本酒 ”Takachiyo 純米吟醸 無調整生原酒”
    2018年2月16日
  • 北陸
    大人の甘酒”手取川 白寿” 出来立ての感動を味わう純米にごり酒
    2018年1月19日
  • 中国
    東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
    2017年10月13日
  • 関西
    浴衣で飲みたい夏に吹く風 紀土"夏の疾風"夏季限定酒
    2017年7月28日
  • 東北
    躍動感あふれる秋限定しぼりたて新酒!
    純米吟醸「ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて生酒」
    2017年11月24日
巨匠も絶賛 ”獺祭”はフレンチに合う!? いつも通りの”獺祭”で世界に挑む!

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、日本酒ブームの火付け役「獺祭」です。純米大吟醸50をいただきました。

■日本酒の常識破り

日本酒は、おじさんが飲むもの。
日本酒は、ガード下の赤提灯で飲むもの。
日本酒の魅力は、安く酔っ払えるところ。
そんな、日本酒に定着していたマイナスのイメージを覆したのが、今回紹介する「獺祭」です。

日本酒の常識を破って、最高級の純米大吟醸に特化。
杜氏制度も廃止して、蔵元にITやデータを導入。
品質へのこだわりとコストパフォーマンスの向上が、女性をはじめとする新しい日本酒ファンを獲得することにつながり、現在の日本酒ブームを生み出しました。

こうした業界の常識を破る経営を敢行したのが、山口県岩国にある旭酒造です。
一度、当ブログでも紹介しました。そのときの記事はこちら

■新しいチャレンジ

グローバルにも評価の高い獺祭ですが、今回、さらに新しい取組みにチャレンジすることになりました。
2017年、仏パリに、世界的な料理人であるジョエル・ロブション氏と共同で、「獺祭」が飲めるレストランを開店する予定です。

旭酒造にとっては、海外での初めての店舗。
それが、フレンチの巨匠ロブション氏のレストランってスゴイですよね。
なんでも、獺祭を飲んだロブション氏が「和食よりも私のフレンチによく合う」と言葉にしたことが、きっかけだそう。

海外進出に当たっては、ワインのようにかどのある酒にするかという悩みもあったそうですが、結局は獺祭の個性をぶらさず、海外でも日本で造るそのままの「獺祭」を提供することにしました。

「飲みやすくてキレイ、しかしその奥に深みがある」。
むしろ、かどのない日本酒が獺祭の強みです。
旭酒造の創業者であり会長の桜井氏は「かどのある日本酒をつくるのは簡単。手を抜けばいいんだから」と言っています。

それでも、かどのない、バランスの取れた品質を追求するという姿勢は、獺祭へのこだわりと自信が感じられて気持ちいいですね。
ぜひ、日本酒ならでは、獺祭ならではの、きめ細かい酒造りで、グローバルに成功してほしいと思います。

■獺祭 純米大吟醸50

そんなエールも込めて、本日いただくのは、「獺祭 純米大吟醸50」。
獺祭の人気銘柄の一つで、酒米山田錦を50%まで磨いて醸した純米大吟醸酒です。

飲み口は、獺祭の強みが十二分にかもし出された形です。
まさに、「飲みやすくてキレイ、しかしその奥に深みがある」!
品質へのこだわりが生む上品でやさしい味。何杯でもイケちゃいそうです。

ちなみに、獺祭って、アニメ「エヴァンゲリオン」でも登場してましたね。


出典 blog.goo.ne.jp

フランスでは、日本のアニメも受けているみたいですし、日本酒も受けるとなると、なんか嬉しいですね。
アニメも日本酒も、日本ならではの文化観とか職人技がつくり出すもの。それが世界で評価を受けるのは、とても嬉しいです。

がんばれ、獺祭!ありがとう、旭酒造!

■基本情報

銘柄:獺祭 純米大吟醸50
アルコール度:16度
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合:50%
製造元:旭酒造株式会社

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 酒ブログへ

 

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

関連キーワード
中国, 中国・四国の関連記事
  • 東京江戸ウィーク「全国地酒フェスタ」 全国25蔵から120種の地酒が上野に集結!江戸で乾杯!
  • 巨匠も絶賛 ”獺祭”はフレンチに合う!? いつも通りの”獺祭”で世界に挑む!
  • 日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」
  • 「味わう酒」へのこだわりが生んだ銘酒、純米大吟醸「獺祭」。冬季限定の寒造早槽を飲む。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事