ワイナリーが造る本気の日本酒。コルクを開けて飲む大人の酒は狂おしいほどの…!?”ヌメロシス ル サケ エロティック”を飲む。

こんにちは。夢中図書館へようこそ。
館長のふゆきです。

今日の夢中は、日本酒『ヌメロシス ル サケ エロティック 生酛』です。

■ワイナリーが造る日本酒

日本酒の蔵ではなく、ぶどうに囲まれたワイナリーが造る日本酒です。
製造元は、長野県の小布施ワイナリー。
小さいながらも、栽培から醸造まで世界レベルのクォリティを持つと評判の実力派ワイナリーです。

この小布施ワイナリーが、ワインづくりができない冬の間に、趣味で作っているのがこの日本酒です。
趣味とはいえ、実力派のワイン醸造元が作るお酒。製造にはこだわりがあります。
しかも、冬の間だけとあって、生産量が限られるため、レアで人気があります。

■飲み口は?

さっそくいただきます。
ご覧の通り、見た目は完全にワインです。
コルクまでワイン風。一見したところでは、白ワインにしか見えません。

しかしながら、コルクを開けて、その中身を口に含むと。。。
ワインのようなスッキリした味わいを想像して飲むと、してやられます。

濃厚そして芳醇。ワインで言うなら、フルボディでしょうか。
しかも、今なお米の発酵が進んでいるかのような生々しさを感じます。
そのフレッシュさは、まだまだ暴れ足りないと言わんばかりに、舌の上で弾けます。

■サケ エロティック

ちなみに、「ヌメロシス ル サケ エロティック」ってなんか刺激的な名前ですよね。

「ヌメロシス」とは、英語で言うと「ナンバーシックス」。6番目と言う意味です。
これは日本酒の醸造に使用する酵母として、協会6号酵母を用いていることにちなんでいます。

「サケ エロティック」と名付けられたのは、辛い恋慕や狂おしい恋愛を経た男女にしか分からない香味があるからだとか。

なるほど。分かります(ほんと?)。
確かに、ワインの甘さとは異なる、絡みつくような旨みを味わえます。
世に出回っている、ワインに近い日本酒よりも、よっぽど力強い日本酒に仕上がっています。
さすが、酒エロティック!名前に相応しい、大人の深み。

見た目とは異なる、力強い、大人の日本酒でした。
くれぐれも狂おしいほどに異性にご迷惑をかけないよう、悪酔いにご注意を。
ありがとう、ヌメロシス!小布施ワイナリー!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング