ワイン酵母の酸味と清酒酵母の穏やかな香り 日本酒「和韻 山本」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ワインのような日本酒「和韻 山本」です。

■ワイン酵母を使った日本酒

「和韻(わいん)」という名前の通り、ワインをイメージしてつくられた日本酒です。

以前、ワイナリーがつくる日本酒がおいしいと紹介しましたが、その意趣返し(?)とも言える珍しいお酒が届きました。
言ってみれば、日本酒の蔵元が、ワインに挑戦しているような感じ。
といっても蔵元がつくるのはワインではなく、れっきとした日本酒です。

ラベルには次のように書かれています。

蔵元の山本が海外で手に入れたシャルドネ用ワイン酵母と、秋田の酵母を時間差で添加し、後は神頼みでそれぞれの個性を引き出した限定酒です。
ワイン酵母の酸味と、清酒酵母の穏やかな香りをお楽しみください。

「神頼み」って。。。(笑)

実際に醸造には相当な苦労があったようです。
ワイン酵母を使った日本酒をつくろうと企画してから、幾度も試験を繰り返しますが、できた酒は「甘くて、酸っぱくて、良い香りが全然しない残念な酒」でした。

そこで考えたのが、ワイン酵母単体ではなく、日本酒の酵母と組み合わせること。
ここに、開発中の秋田の新酵母を使用しました。

ここでも試行錯誤を繰り返しますが、そんな苦労の末、ついにワイン固有の酸味と日本酒独特の吟醸香を両立させる逸品が出来上がりました。

神頼みの結果というよりも、新しいワインを造ろうという真摯な思いに神様も応えてくれたのがしれませんね。

■飲み口は

それでは、いただきます。

グラスに注ぐと、ほのかに香る柑橘系の香り。
一口含むと、さらにその柑橘系の香りと酸味が口の中に広がります。

爽やかで、透明感の高い飲み口です。
まさに狙い通りの(?)ワインに近い飲み口を楽しめます。
これなら女性も飲みやすいのではないでしょうか。

特に、この酸味の、強さはこれまでに感じたことのない感じ。
後味まで、ワインのような酸味が舌の上に残ります。

原料米は秋田県産の美山錦45%精米です。
日仏が見事に融合した日本酒ですね。

■山本合名会社

蔵元は、秋田県八峰町にある山本合名会社。秋田の北部、白神山地のふもとにある蔵元です。
この蔵元の酒は、世界遺産である白神山地の天然湧水で育まれた米と水でつくられます。

代表的な銘柄として、この「山本」のほか「白瀑」があります。
今回の「和韻 山本」をはじめ、意欲的に酒造りに取り組んでいる蔵元です。

最近は、秋田の蔵元がつくる美味しい酒に出会う機会が多いのですが、互いに触発されながら切磋琢磨しているようですね。
この「山本」をはじめ、「新政」や「ゆきの美人」など、5つの蔵元が集まって、「NEXT5」という蔵元集団を立ち上げました。
「未来の秋田の日本酒業界は俺達が牽引するんだ!!」という強い気持ちと高い志で、さまざまな日本酒イベントを行なっています。
前代未聞の共同醸造酒の製造も行なっているみたい。

ますます楽しみがひろがりますね。ありがとう、山本!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

「#東北でよかった」。阿武隈の広大な自然が育んだ、美しい日本酒「一歩己」。がんばろう!東北。

今日の「夢中」は、福島の地酒「一歩己(いぶき)」です。

蔵元は、福島の豊国酒造。
阿武隈山地の小さな町にある蔵元ですが、歴史は古く、江戸の天保年間の創業ということですから、約200年の歴史を持つ、伝統ある酒蔵です。

阿武隈の地産へのこだわりも、この蔵の特徴です。
阿武隈で育てられた米、阿武隈で湧き出る伏流水。これらを原料に、阿武隈の地で、人の手により丹精込めた酒造りを行う。
200年に渡って変わらない、阿武隈の地酒。
その一つが、今回紹介する「一歩己」です。

「一歩己」は、豊国酒造を代表する銘柄の一つ。
伝統と格式を承継しつつも、現代嗜好への融合をコンセプトにつくられた新しい日本酒です。

ラベルにはこんな記載があります。

「ただ真っ直ぐに、そこにある酒と向き合い、ただ夢中で醸すことを楽しむ。
焦らず、弛まず、一歩ずつ。若き蔵人」

福島の若き蔵人が踏み出した、真摯で力強い、己の一歩。そんなこだわりが名前にも込められた「一歩己」。
飲み口清らかで、フルーティな味わい。この辺はおそらく若き蔵人の挑戦の成果でしょう。
伝統のしっかりした酒造りがあるから、今風でありながらも、根本にはしっかりした王道の日本酒の味がある。そんな地酒です。

200年の伝統と、若き蔵人のこだわり。それが見事に融合した日本酒です。
阿武隈の地酒「一歩己」。オススメです!

追:
某政治家が、震災が起きたのが「東北でよかった」などという、とんでもない失言をして大臣を辞任しましたが、
それを逆手に、ハッシュタグ「#東北でよかった」をつけて東北地方の美しさを伝える投稿が大量にされているのだそうです。

東北地方の美しさは、自然や風景だけではありません。
その郷土の人や文化、食そして日本酒も、とてもすばらしい。

この「一歩己」も「#東北でよかった」。阿武隈の自然に育まれてよかった。

これからも、微力ながら応援し続けます。
がんばれ、一歩己! がんばろう、東北!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

東日本大震災を乗り越え、爽やかなキレを磨き上げた「究極の食中酒」、純米吟醸おりがらみ「伯楽星」を飲む。

今回の「夢中」は、宮城の日本酒「伯楽星」。純米吟醸、おりがらみの生酒です。

蔵元は宮城県の新澤醸造店です。
代表的な銘柄であるこの「伯楽星」はJALのファーストクラスで提供されたりして、日本酒ファンのなかでは知名度の高いお酒ではないでしょうか。

この新澤醸造店、明治から続く歴史ある蔵元なのですが、実は廃業の間際までに追い詰められたことがあります。
それは2011年の東日本大震災。
日本観測史上最大となるマグニチュード9.0の揺れは、明治6年建造の蔵に壊滅的な打撃を与えました。

柱を歪ませるほどの衝撃により、数万本の酒瓶が割れ商品として出荷不能となったほか、タンクに熟成中の6000リットルの原酒も停電の影響で廃棄せざるをえなくなりました。

創業の地、三本木での醸造継続は困難。。。
そんな中、三本木から70キロほど離れた山形県境の川崎町に、使われていない酒蔵を見つけました。
幸運にもこの地は山あいにあって、綺麗な水がふんだんに湧き出ていました。
廃業の危機が一転、新たな酒造りへの出発点を迎えることになったわけです。

そんな酒造りへの真摯な思いがこもった日本酒が、この「伯楽星」。
しかもこの時期限定の、フレッシュな生酒です。

そのお味は。。。?
私の下手なコメントよりも、このお酒のラベルに書かれた、蔵元からのメッセージをお読みいただいた方がいいかもしれません。

『フレッシュな搾りたての味を皆さまにお届けできるよう、搾ってから速やかに出荷する限定の「生酒」です。
「究極の食中酒」を意識し、一層食材を引き立てる事・綺麗で爽やかなキレを演出する事を大切にしています。
繊細ながらも芯のある味わいをお楽しみください。』

新澤醸造店が目指す「究極の食中酒」とは、飲み疲れしない、食事とともにお代わりができる日本酒。
「究極の三杯目」を目指すと、同蔵元の社長が話しています。
生酒だから特に感じるのかもしれませんが、まさに「究極の食中酒」にふさわしい、三杯目も飲むたくなるような爽やかなキレのある飲み口でした。

ありがとう、伯楽星!がんばれ、新澤醸造店!これからも応援します!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

酒米にこだわった新政Colors(カラーズ)から「生成エクリュ」を飲む。「なかどり」は日本酒の一番美味しいところ。飲兵衛にとっては憧れの…?

今回の「夢中」は、お気に入りの新政酒造から「新政 生成 エクリュ なかどり」。

新政が自信を持ってお届けするヴィンテージ・シリーズ「Colors(カラーズ)」の一つ。

この「Colors(カラーズ)」とは、秋田の酒米の個性を味わっていただくための火入れシリーズ。
現在は5種類がラインナップされており、それぞれ原材料となる酒米が異なります。

ちなみに、そのラインナップとは、次のとおり。ちなみに「Colors(カラーズ)」の名のとおり、それぞれラベルの色が異なります。

「水墨 アッシュ」、原料米は亀の尾。ラベルの色は黒。
「秋櫻 コスモス」、原料米は改良信交。ラベルの色は桜色。
「天鷲絨 ヴィリジアン」、原料米は美郷錦。ラベルの色は緑。
「瑠璃 ラピス」、原料米は美山錦。ラベルの色は青。
そして、「生成 エクリュ」、原料米は酒こまち。ラベルの色は白。

ちなみに、以前、青のラベルの「瑠璃 ラピス」をいただいております。
そのときの紹介記事はこちら

今回いただいたのは、「生成 エクリュ」。
飲み口は、一言で言うと、まろやか。
酒こまちから醸し出されるほどよい甘みと新政らしいフレッシュな発砲感が絶妙。
これ、ヤバいやつですね。クイックイといっちゃいます。

新政酒造のホームページで「エントリーモデル」と評されているとおり、新政の良さをストレートに楽しめる逸品。
はじめてトライする人は、このブランドがいいかもしれませんね。

ちなみに、今回は、その「生成 エクリュ」ブランドでも選りすぐりの「なかどり」をいただきました。
ちょっとお値段は高めですが、たまにはいいかなと奮発!

日本酒は、搾り出す過程で味が少しずつ変わっていきます。
呼び名も違っていて、最初の部分を「あらばしり」、途中部分を「なかどり」、最後の部分を「責め」と言います。

このなかでも「なかどり」は、香りのバランスがよく、もっとも良い部分とされているんです。
日本酒の品評会でも、だいたいこの部分が出されるんだって。

あー。。。日本酒の最良の「なかどり」が取り揃えられた品評会。
飲兵衛にとっては、天国のような場ですね。うらやましい。。。

ということで、今回は、酒米にこだわった新政「Colors(カラーズ)」シリーズから、「生成(エクリュ)」をいただきました。ありがたや、選りすぐりの「なかどり」にて。

いつもながら満足感たっぷりの逸品でした。ありがとう、新政酒造!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

若き後継者が挑む、伝統と自然へのこだわり。六号酵母が生み出す芳醇な旨味。新政酒造「ナンバー6」を飲む。

今回の「夢中」は、いま一番気になっている酒蔵、「新政酒造」です。

「新政酒造」。
秋田にある酒蔵で、最近、東京でも知名度も上がってきていますね。

ここでつくるお酒は、種類もいろいろあるんですが、いずれも芳醇なコクがあって美味しいんですよね。

一貫しているのは、酒づくりに対するこだわり。
それは、秋田県産米へのこだわり、そして、生酛(きもと)純米造りへのこだわり。
さらには、六号酵母へのこだわりです。

秋田県産米へのこだわりは、蔵元の所在する地域への感謝、敬いの気持ちが込められています。

生酛(きもと)づくりについて詳細はしません(できません)が、酒造りの技法の中でもっとも伝統的な造り方と言われています。その蔵でつくられる天然の乳酸菌を使うのが特徴です。

六号酵母は、この新政酒造が生み出した酵母(糖分をアルコールに変える働きをします)。
1号から5号までは西日本で生まれた酵母であったのに対して、6号は秋田で生まれました。
寒さに強いのが特徴だそうです。

こんなこだわりを持った酒造りに取り組んでいるのが、新政酒造の佐藤祐輔社長です。
東大卒の、元フリーの記者という異色の経歴が喧伝されますが、若き経営者の挑戦がこの蔵元を変えたのは間違いありません。

それまでは普通酒中心だった蔵元を、添加物を一切使わないこだわりの酒をつくる蔵元に変革しました。
そこには、新しい酒造りへの挑戦意欲と、秋田のもの・新政のものへの自信があったのではないかと思います。

‥と前置きが長くなりましたが、それでは、この新政酒造の代表的な酒、「ナンバー6」をいただきます。
「ナンバー6」とはもちろん、六号酵母のことですね。

新政の定番の生酒。
もちろん、秋田の米、秋田の水、そして六号酵母にこだわってつくられています。

米のせいなのか酵母のせいなのか分かりませんが、米の甘みがとっても引き立っています。
フレッシュでいてコクがある。この芳醇さは秋田の自然が生み出したのかな?
‥飲みだすと、止まりません。

ちなみに、この「ナンバー6」、「R-type」と書いているのは、レギュラータイプということ。
いわば定番中の定番です。
この上位酒として、「S-type」と「X-type」があるのですから驚きです。どんなに美味しいんだろう?

新進気鋭の佐藤祐輔社長と若き杜氏たちの酒造りに込めた真摯な思い。
「革新的」と言われながらも、実は「伝統的」なものへのこだわり。
これらの結晶としての「ナンバー6」。マジで美味しいです。

ものづくりへの「思い」って、出来上がったものに伝わるのかな?
ささやかながら、飲み手としても、一杯でも多く飲むことで、その「思い」に感謝を伝えたい。
そんな風に思う日本酒なのでした。
‥え?「呑む言い訳だろ!」って?聞こえない、聞こえない。。。

明日も美味しい一杯、いただきます。ありがとう、新政酒造!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

気分は酒仙!酒蔵しぼりたてのフレッシュな日本酒「陸奥八仙ふなざけ」を飲む。

今日の「夢中」は、「陸奥八仙  青ラベル  槽酒(ふなざけ)  特別純米  生原酒」です。


実は、「陸奥八仙」との出会いは、偶然でした。
だいぶ前になるのですが、仕事で東北は仙台に行ったときに、地元の仕事相手からオススメされたのがこの酒でした。青森の八戸のお酒なんですけどね。
「陸奥八仙」などまったく知らなかったのですが、その美味しさに感動したことを、いまでも覚えています。

近年、東京で、この「陸奥八仙」をちらほら見かけるようになりました。やっぱり良いものは売れるんですかね。

この酒を見ると、つい手が伸びてしまうんです。相性が合ったのでしょう。やっぱり第一印象って大切です!

でも、「ふなざけ」?
聞いたことのない言葉です。

これは日本酒を絞る「酒槽(さかぶね)」から来ているようです。
大辞泉によると、酒槽とは、「酒をしぼる桶。また、しぼった酒を蓄えておく桶。」と書いてあります。 

槽
(「搾り」の風景画。HPより)

通常の日本酒は、搾った後に、一度タンクで寝かせて落ち着かせます。
でもこの「ふなざけ」は、タンクに寝かせる前の、酒槽にある状態の酒を、そのまま瓶詰めにしています。

そうなんです。「ふなざけ」とは、酒蔵でなければ味わえない、フレッシュなしぼりたての味を食卓にお届けする、太っ腹なお酒なのです。

ラベルに朱印で「限定」と書かれている通り、新酒のこの時期しか味わえません。

さて、そのお味は?
ピリッと舌に感じる発砲感。果実っぽい酸味。これか~、しぼりたてって。
どちらかというと辛口でしょうか。さっぱりした、若い風味がします。
目の前に浮かぶのは、八戸にある酒蔵の槽(ふね)からそよそよと流れ出る生酒の姿。
やっぱり、「陸奥八仙」は美味しい!

ちなみに、一目ぼれした陸奥八仙は、「ふなざけ」でなく、タンクで寝かせた定番のもの。
こちらは、こってりめの甘口です。飲んべえ好みな味ですね。
こちらもオススメです!

ということで、今回は、青森県八戸市の酒蔵、八戸酒造がおくる「陸奥八仙」をオススメしました。

ちなみ「八仙」は、中国に伝わる八人の仙人(酔八仙)の故事に由来しています。
ここには、酒仙たちの興味深い酒の味わい方や楽しみ方が語られているそうです。
飲む人に酒仙の境地を味わってもらいたい。そんな思いをこめて名づけられた銘柄です。

気分は酒仙!その境地かどうかは分かりませんが、そうとうゴキゲンになりました。
ありがとう、陸奥八仙!次も酒仙気分を味わわせてください!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

その名前に込められた郷土への思い。口の中に広がる懐かしい土の香り(いい意味で)。「田酒 特別純米」を飲む。

今日の「夢中」は、「田酒、特別純米」です。

なかなか出回らないんですよね。田酒。
今回は、たまたま街の酒屋さんに入荷されたらしく、即買いしてしまいました。

田酒のふるさとは、青森県は青森市。
北の大地に蔵をかまえる西田酒造店が大切につくった銘酒です。

その酒づくりに対する真摯な姿勢は、田酒という名前に込められています。

田酒。田んぼの酒と書いて「でんしゅ」と読みます。なぜ田酒と言うのか。

それは、日本の田んぼでつくられたものしか使わないというこだわりにあります。

日本の田んぼ産ではない醸造用アルコールや醸造用糖分は一切使用しない。
まさに米の旨みを大切にした、日本の田んぼの味。それが田酒なのです。

そんな土臭い(いい意味で)こだわり故か、グラスに注ぐと、ほのかに黄みがかって見えます。
冷やにもかかわらず、やさしい温かみを感じます。

その味はというと、口に含むと、土臭い(いい意味で)甘みが広がります。
なんとも言えぬ、手づくりの懐かしさを感じるのは私だけではないはずです。

これまで慣れ親しんできたわけでもないのに、いつもそばにあったかのようなデ・ジャブ感。
流行りのスッキリした日本酒とは一線を画す「日本酒」臭。
特別純米だからかもしれません。でも、この味は病みつきになりそうな力強さがあります。

気がつけば、あっという間に、杯が空になっていました。
おそるべし、田酒。。。
これを田んぼ仕事の一服どきに飲んでたら、仕事にならなかったに違いありません。
皆さんもご注意ください(?)。

身近にある母なる田んぼへの感謝、大地への崇拝が詰まった日本酒、田酒。
なかなか出まわりませんが、見かけたら、ぜひお手にとってお試しください。
オススメです!

ありがとう、西田酒造店!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

秋田の誇る次世代蔵「秋田酒造」が送る、甘みとコクと酸の背骨がある銘酒「ゆきの美人」。サライも推してます!

今日の「夢中」は、純米吟醸「ゆきの美人 しぼりたて生」。

製造元は、酒どころ「秋田」をその名に冠した酒蔵、秋田醸造株式会社。
その名に恥じない旨い酒をつくってくれました!

新政酒造もそうだけど、最近の秋田の酒蔵が作る酒はとってもレベルが高い。味にとことんこだわった、新しい日本酒を競い合ってつくっているかのよう。

折しも、サライ2017年1月号に、秋田醸造が取り上げられていました。


これによると、先代までは大手に普通酒を桶売りする中規模の酒蔵だったそう。
ただ大手がひしめくこの分野で生き残るのは並大抵ではできません。

1999年に蔵を継いだ3代目は、こうした現状に危機感を持ちます。
そこで彼がとった選択肢は、少量生産、品質志向への切り替え。
古い酒蔵を解体し、鉄筋コンクリートのマンションを建設。その1階に最新設備を兼ね備えた蔵を作りました。

その間、自身は醸造技術を学び、杜氏としての技能・知識を修得します。

そんな現場へのこだわりが次世代の旨い酒を創り出す原動力になっているのかもしれません。

さて、その味のレポートを…と思ったのですが、同誌に、3代目のコメントが掲載されてますので、こちらを紹介します。素人の味レポなんかよりよっぽどよく分かります。

「めざしたのは甘みやコクがあって、背骨に酸がすっと通っているような立体的な味わいです。かといってゴツい味ではなく、口当たりは柔らかくて、透明感のある味が理想です。」

まったくもってその通りの味を楽しめます。

追い求めているものに着実に近づいていることを確信する味です。

参考まで、原材料等はラベルをご参照ください。秋田酒こまち80%ってのも、秋田醸造のこだわりなんですかね。

応援します、3代目!理想を実現してください!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

秋田の素材と伝統の酵母が生み出した、フレッシュな日本酒「新政ラピスラズリ」を飲む。

新政ラピスラズリ2015 生酛純米。いただきました~。

IMG_2300

このお酒をつくっている酒蔵、新政酒造。とっても好きなんです。
日本酒の名産地、秋田が誇る6号酵母の発祥蔵。
この蔵の8代目・佐藤祐輔さんがこだわるのは、秋田の水、秋田の米、伝統手法の「生酛」。

そのこだわりゆえか、イキイキした飲み口は、飲む人も元気にしてくれます。
一口飲むと、ピリっとしたほのかな発砲感。フレッシュな香ばしい香りが口のなかに広がります。

「ラピスラズリ」は、青色の鉱物の石を意味する「ラピス」と、天・空・青を意味する「ラズリ」を語源としているそう。

確かにその名前のとおり、清清しい印象。しっかりした甘みもあります。
あるサイトには、「厚みのある豊かな旨さと甘み」という表現がありました。そのとおり!

では、ラベルより。
当蔵の方針:秋田県産米を、生酛純米造りにより六号酵母にて醸す
当蔵の作品はすべて、素材の魅力を最大限に引き出すため「生酛仕込・純米造り」としております。
また、自然な醸造を心がけ、ラベル記載義務のない添加物についても一切使用しておりません。
原料米:秋田県産 美山錦100%使用
現在料名:米(秋田県産)、米こうじ(秋田県産米)
精米歩合:麹米40%、掛米50%
アルコール分:15%

秋田の素材へのこだわり。天然へのこだわり。生酛仕込・純米造りへのこだわり。
東大卒の若手社長が地元に帰って、トコトンこだわった美味しい酒づくり。

何よりも、本人が日本酒が大好きだったとのこと。
やっぱり「好きこそものの上手なれ」は真実なのかもしれません。

いつもありがとう、これからも飲み続けます、新政!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング