ワイナリーが造る本気の日本酒。コルクを開けて飲む大人の酒は狂おしいほどの…!?”ヌメロシス ル サケ エロティック”を飲む。

こんにちは。夢中図書館へようこそ。
館長のふゆきです。

今日の夢中は、日本酒『ヌメロシス ル サケ エロティック 生酛』です。

■ワイナリーが造る日本酒

日本酒の蔵ではなく、ぶどうに囲まれたワイナリーが造る日本酒です。
製造元は、長野県の小布施ワイナリー。
小さいながらも、栽培から醸造まで世界レベルのクォリティを持つと評判の実力派ワイナリーです。

この小布施ワイナリーが、ワインづくりができない冬の間に、趣味で作っているのがこの日本酒です。
趣味とはいえ、実力派のワイン醸造元が作るお酒。製造にはこだわりがあります。
しかも、冬の間だけとあって、生産量が限られるため、レアで人気があります。

■飲み口は?

さっそくいただきます。
ご覧の通り、見た目は完全にワインです。
コルクまでワイン風。一見したところでは、白ワインにしか見えません。

しかしながら、コルクを開けて、その中身を口に含むと。。。
ワインのようなスッキリした味わいを想像して飲むと、してやられます。

濃厚そして芳醇。ワインで言うなら、フルボディでしょうか。
しかも、今なお米の発酵が進んでいるかのような生々しさを感じます。
そのフレッシュさは、まだまだ暴れ足りないと言わんばかりに、舌の上で弾けます。

■サケ エロティック

ちなみに、「ヌメロシス ル サケ エロティック」ってなんか刺激的な名前ですよね。

「ヌメロシス」とは、英語で言うと「ナンバーシックス」。6番目と言う意味です。
これは日本酒の醸造に使用する酵母として、協会6号酵母を用いていることにちなんでいます。

「サケ エロティック」と名付けられたのは、辛い恋慕や狂おしい恋愛を経た男女にしか分からない香味があるからだとか。

なるほど。分かります(ほんと?)。
確かに、ワインの甘さとは異なる、絡みつくような旨みを味わえます。
世に出回っている、ワインに近い日本酒よりも、よっぽど力強い日本酒に仕上がっています。
さすが、酒エロティック!名前に相応しい、大人の深み。

見た目とは異なる、力強い、大人の日本酒でした。
くれぐれも狂おしいほどに異性にご迷惑をかけないよう、悪酔いにご注意を。
ありがとう、ヌメロシス!小布施ワイナリー!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

長野県佐久の銘酒「明鏡止水」。邪念なくつくられた、力強い純米吟醸酒をグイっと行け!

今日の夢中は、長野の銘酒「明鏡止水」。

明鏡止水(めいきょうしすい)とは、邪念がなく、澄み切って落ち着いていること。
その名の通り、澄み切った、爽やかな日本酒です。

この酒をつくったのは、長野は佐久の酒蔵、大澤酒造。
北に浅間山、南に蓼科山を見晴らせる長野県東部に位置し、良質な米と水に恵まれた環境のもと、「邪念なく」酒づくりに励んでいるようです。

さて、その味ですが。。。
ひとことで言うと、力強い!

一口飲むと、口のなかに濃厚な米の香りが広がります。
「澄み切った」といっても、端麗ではなく濃醇。

これは日本酒の王道といった感じ。
米麹の香りが残っていて、胃に染み入ります。
苦手な人には厳しいかもしれませんが、ハマる人にはハマりそう。

個人的にはちょっとハマっちゃいました。
この前買ってきた千葉房総のつまみを肴に杯を傾けたら、あっという間にいい気分に。
飲み過ぎ注意の日本酒です。

ありがとう、大澤酒造!これからも明鏡止水な酒づくりをよろしく!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

東野圭吾「雪煙チェイス」の舞台、奥信濃の地酒「水尾 純米吟醸」を飲む。がんばれ、小杉刑事!

今回の「夢中」は、奧信濃の地酒「水尾 純米吟醸」!

このお酒、以前ブログで紹介した、東野圭吾「雪煙チェイス」に登場します。
そのときの記事はこちら

正義感あふれる小杉刑事が、物語の終盤で、想いを寄せる女性から、
この「水尾」をグラスに注がれる場面があります。

本編とは直接関わらない些細な場面なんですが、個人的にとても好きなワンシーンです。
そこに主人公の根津と千晶も登場し、2つのカップルの恋の行方がとても気になります。
そんでどーなるの?東野さん!

さてさて、この「水尾」、奧信濃の酒蔵、長野県は飯山市の田中屋酒造店がつくっています。
ラベルにはこんな文字が。
「仕込水に 野沢水尾山 湧水使用」。

「雪煙チェイス」の舞台となる「里沢温泉スキー場」。
このモデルが、この酒蔵のある飯山からほど近い「野沢温泉スキー場」と言われています。

まさに、小説の中で「雪煙チェイス」が繰り広げられた山。
その麓の湧き水でつくられたお酒なんですね。

その天然の湧き水の効果でしょうか、とても透明感の高い、キリッとした味に仕上がっています。
不純物が一切無いようなスッキリとした飲み口。

小杉刑事が小説でこんな風に評しています。「切れのいい日本酒」。
小杉刑事、なかなかの飲兵衛かも。的確な評価だと思います。

だから、あまりお酒を飲んでいるという感覚がなく、くいっくいっといっちゃいます。

これで景気をつけて、さあいよいよ告白だ、小杉くん!!
つい、悪酔いしてしまいました。。。

ごちそうさまでした。飲み口スッキリの「切れのいい日本酒」です。
がんばれ、小杉刑事!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

「夏子の酒」のモデルとなった蔵元が送る、夏子の恋模様を思い出す純愛風味の日本酒「夏子の酒」を飲む。

今回「夢中」は、日本酒「夏子物語」。純米吟醸、生貯蔵酒です。

醸造元は久須美酒造株式会社。知ってる人は知ってる、有名な酒蔵です。



この久須美酒造、ひと昔前に大ヒットしたドラマ「夏子の酒」のモデルとなった蔵元なんです。

今回いただいたお酒は、そのドラマのヒロインの名前を冠した「夏子物語」の生貯蔵酒。
新酒のしぼりたて生酒を一度だけ火入れして、生貯蔵酒として蔵出しする限定醸造で、冬季限定で発売されるお酒です。

「夏子の酒」。なつかしいですよね。もう何年前になるんだろう?
原作は、当時「モーニング」に連載されていた、尾瀬あきら氏の漫画です。

酒づくり、米づくりという、これまでの漫画に無い異色のテーマを取り上げた、社会派のストーリーでした。
主人公夏子が、志半ばで病に倒れた兄の遺志を継ぎ、日本一の酒をつくるために立ち上がる。
その鍵を握るのが、幻の酒米「龍錦」であった。。。


TVドラマ化もされていて、夏子は和久井映見が、夏子の兄を中井貴一が、杜氏見習いの草壁を萩原聖人が演じています。

原作の舞台となる「佐伯酒造」のモデルとなったのが、この「久須美酒造」です。
新潟県は長岡にある蔵元で、ドラマのロケもここで行われたそうです。

原作の酒米「龍錦」のモデルは、「亀の尾」。実際に久須美酒造の6代目が、この「幻の米」探しに奔走。
穂にして10本、約1,500粒のわずかな種籾を手に入れて、「亀の尾」をよみがえらせました。
残念ながら美人の経営者「夏子」はフィクションですが、酒づくりにかける物語は、この久須美酒造の実話がモチーフとなっています。

ラベルにも「夏子の酒・ゆかりの蔵」と記載されています。

それでは、さっそく「夏子物語」をいただきます。
グラスに注ぐと、灯の光を吸い込んできらめく透明さ。うつくしい!
ひとくち含むと、酸味が口のなかいっぱいにひろがり、そして鼻に抜けていきます。
まるで白ワインのような、爽やかな飲み口です。

飲んべえ男子としては、もっとクドくていいんだけど(苦笑)、
これは間違いなく女子をひき付けるお酒でしょう。さすが「夏子の酒」!

ちなみに、このお酒は、「亀の尾」ではなく、新潟県産の酒米「五百万石」が使われています。
「亀の尾」でつくった日本酒をたのしむ場合は、「亀の翁」や「亀の王」という銘柄になりますのでご注意を。
でもなかなか出回らないんだよね。。。

今回は、フレッシュな飲み口の「夏子物語」をいただきました。
このお酒を口にして思い起こすのはやはり「夏子の酒」。夏子と草壁のまっすぐな恋模様…。
もう一度、原作を読み直したいと、フラッシュバックさせられるお酒なのでした。

ありがとう、久須美酒造!がんばれ、夏子の酒!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング