その名の由来は秀吉を天下人にのし上げた「賤ヶ岳の七本槍」!勝利の酒「七本鎗」を飲む。

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、純米酒「七本鎗」無濾過生原酒です。

蔵元は、北近江の酒蔵、冨田酒造有限会社。
酒米として地元・滋賀県産「玉栄」を100%使用しています。

賤ヶ岳の七本鎗

「七本鎗」って、インパクトのある名前ですよね。なんか勇ましい感じ。

それもそのはず、その名前は「賤ヶ岳の七本槍」に由来します。
賤ヶ岳の七本槍とは、本能寺の変の翌年に起きた、織田信長の跡目をめぐる「賤ヶ岳の戦い」で、羽柴秀吉を勝利に導いた七人の若武者のことを言います。

加藤清正、片桐且元、福島正則ら、歴史好きにはたまらない面々ですね。
大河ドラマ「真田丸」でも重要な役回りを演じてました。

この冨田酒造は、その賤ヶ岳の近く、琵琶湖の最北端にあります。
創業は、賤ヶ岳の戦いに先立つこと40年、1534年と言われていますから、この戦も近くで見守ったのかもしれません。

勝利を導く酒

その活躍が秀吉を天下人にしたという由来もあって、七本鎗は、「勝利を導く酒」、「縁起の良い酒」として、多くの人に愛されています。

江戸時代には、参勤交代でこの琵琶湖の北を通った一行がこの酒を好んで飲んだと言います。
もしかしたら、参勤交代の苦労に耐えながら、秀吉の偉業を偲んで、この「七本鎗」をあおってていたのかもしれません。

ちなみに、かの魯山人も愛したお酒みたい。
「七本鎗」の鎗が木偏ではなく金偏なのは、魯山人が彫った扁額によるそうです。

その飲み口は

さあ、勝利の酒をいただきましょう!
一口飲むと酸味が鼻にツンときます。
その後に口の中に広がる、力強い米こうじの発酵した香り。

ひとことで言うと、たくましい!
まさに、「賤ヶ岳の七本鎗」のように力強い日本酒ですね!

ラベルにはこんな風に書いてあります。

「絞ったお酒を熱処理、ろ過等せずそのまま瓶詰めしました。
この時期だけのフレッシュな味わいをお楽しみ下さい。
絞りたての生酒のため、なるべく早めにお飲み下さい。
無濾過のため、瓶底にうっすらオリが溜まることがありますが、
品質上問題ございません。」

まさに、秀吉を援けた七人の若武者のように、フレッシュでたくましい日本酒です。
大切な日の前に、景気付けに一杯いきたいお酒、七本鎗。ごちそうさまでした!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

濃厚な米の甘みととろり感あふれる飲み口。ご先祖様に感謝する太古のにごり酒。「紀土 純米吟醸酒 にごりざけ生」を飲む。

和歌山の地酒、平和酒造の銘酒「紀土」の新酒が届きました。
「紀土 純米吟醸酒 にごりざけ生」。

写真をご覧になって分かるように、瓶の底に大量のオリが沈殿しています。

栓を開けると、プシュっという日本酒らしからぬ音が。ビールみたい?
よく見ると「開栓注意」の注意書きが。

「開ける際はふたを開け閉めしながら、少しずつガスを抜いて、ゆっくり開栓してください。」

発泡性の高いお酒のようです。
みるみるうちに、オリが栓のほうに舞い上がってきます。

あっという間に真っ白に!
結構、帰り道、気にせずにぶらぶら振ってきたからだな。
危険な状況になったので、栓を締め直しました。

その飲み口は、やっぱりクリーミー。とろーりした口あたり。
しかもガスがむちゃ強い!できたて、しぼりたての荒々しい味です。

米の甘みも濃厚。
昔のお酒って、こんな感じだったのかなぁと、遠いご先祖様を想像しちゃいます。
きっと飲兵衛だったんだろうなぁ。DNAを受け継ぎました。。。

この甘くてとろけるような飲み口。ヤバいです。
あっという間に飲み干しちゃいました。

この紀土、リーズナブルなのもいいですね。飲兵衛にやさしい酒蔵です。

ありがとう、紀土、平和酒造!
そして、ありがとう、ご先祖様!飲兵衛のDNAを残してくれて。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

太田道灌が美味しい酒蔵を開拓した!?その子孫がつくる清らかな銘酒。「千代田蔵 純米しぼりたて生原酒」を飲む。

正月といえば、お酒ですよね~(?)。
まもなく迎えるワーカホリックな日々を前に、今のうちに思う存分ぐーたらしておきましょう(苦笑)!

ということで、新年のおめでたいお酒は、太田酒造、「千代田蔵」、純米しぼりたて生原酒です!

太田酒造株式会社。
そのホームページによると、太田酒造は日本一小さい総合酒類メーカーであるとのこと。

ただ、それよりも興味を引くのは、この酒造会社の先祖が太田道灌であること。
太田道灌といえば、江戸城の築城を主導し、今の江戸、東京の礎を築いた人物です。

thG82T8Z73
※太田道灌:Wikipediaより

太田家の酒造りは、江戸末期にさかのぼります。
当時、琵琶湖のほとり、草津を治めていた太田家は、その年貢米を有効に使うため、酒造りを始めました。
1次産業から2次産業へ。付加価値を付けたんでしょうね。

そんな偉大な先祖を持つ酒蔵の酒を初めて飲みます。
千代田蔵。純米しぼりたて生原酒。

なんとも清らかな飲み口。水がいいんでしょうか。透明な源流の水の音が聞こえるようです。

そして驚くのは、その酸味。果実を思わせるような酸っぱさが口の中に広がります。
「しぼりたて」の名のとおり、とってもフレッシュで上品な日本酒です。
まさに新しい年にふさわしい、身体も心も洗われる一杯をいただきました!

道灌おそるべし。江戸のあとは琵琶湖を開拓。
しかも見事なコラボを実現したようです。

ありがとう、道灌の子孫たち!
おかげさまで清らかな正月を迎えることができました!でもちょっと飲みすぎたかな…(ヒック‥!)。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

燦然と輝く、酒-1グランプリ優勝のラベル。「紀土 純米吟醸酒 しぼりたて」を飲む。

2016-11-22-21-59-25

実は、日本酒が好きなんです。
世の中、ボジョレー・ヌーヴォーで盛り上がっているところで申し訳ないのですが。

今日は、純米吟醸酒、「紀土-KID-しぼりたて」をいただきました。

これが、ひとことで言うと、「うまっ!」なんです。若々しく、力強く感じました。
日本酒の評価って、からいとかあまいとか、正直、よく分かりません。
サイトを見たら、この酒は、「青林檎系の爽やかで華やかな香り」とか「桃やあんずを思わせる香り」なんて風に書かれてました。
余計に分からない感じですが、確かに、果実系のフレッシュな香りと爽やかな飲み口はあると思います。

ちなみに、ボトルには「第3回酒-1グランプリ優勝」のラベルが。
お酒の神様をまつる京都の松尾大社で開かれるイベントだそうで、全国40蔵、100種類の日本酒の中から、一般参加者の投票で、「紀土」が栄えあるグランプリに選ばれたということです。おめでとうございます。

それでは、そのほかの情報をラベルから。

紀土ーKID-純米吟醸酒 しぼりたて
原材料名:米(国産)・米麹(国産米)
精米度合:麹米50%・掛米55%
平和酒造株式会社(和歌山県海南市)
「蔵は、山地の多い和歌山でも山の麓の盆地に位置します。朝夕の冷え込みが激しく、また木や山、大地に磨かれた地下水が豊富な酒造に適した場所です。口当たりの柔らかさ、口に入ったときの吟醸香が特徴です。紀土の風土を感じていただければ幸いです。」

たぶん好みもあると思いますが、自分にとっては、これはもろストライクゾーンです。
コスパがいいのも魅力。

ありがとう、KID!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング