巨匠も絶賛 ”獺祭”はフレンチに合う!? いつも通りの”獺祭”で世界に挑む!

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、日本酒ブームの火付け役「獺祭」です。純米大吟醸50をいただきました。

■日本酒の常識破り

日本酒は、おじさんが飲むもの。
日本酒は、ガード下の赤提灯で飲むもの。
日本酒の魅力は、安く酔っ払えるところ。
そんな、日本酒に定着していたマイナスのイメージを覆したのが、今回紹介する「獺祭」です。

日本酒の常識を破って、最高級の純米大吟醸に特化。
杜氏制度も廃止して、蔵元にITやデータを導入。
品質へのこだわりとコストパフォーマンスの向上が、女性をはじめとする新しい日本酒ファンを獲得することにつながり、現在の日本酒ブームを生み出しました。

こうした業界の常識を破る経営を敢行したのが、山口県岩国にある旭酒造です。
一度、当ブログでも紹介しました。そのときの記事はこちら



■新しいチャレンジ

グローバルにも評価の高い獺祭ですが、今回、さらに新しい取組みにチャレンジすることになりました。

2017年、仏パリに、世界的な料理人であるジョエル・ロブション氏と共同で、「獺祭」が飲めるレストランを開店する予定です。

旭酒造にとっては、海外での初めての店舗。
それが、フレンチの巨匠ロブション氏のレストランってスゴイですよね。
なんでも、獺祭を飲んだロブション氏が「和食よりも私のフレンチによく合う」と言葉にしたことが、きっかけだそう。

海外進出に当たっては、ワインのようにかどのある酒にするかという悩みもあったそうですが、結局は獺祭の個性をぶらさず、海外でも日本で造るそのままの「獺祭」を提供することにしました。

「飲みやすくてキレイ、しかしその奥に深みがある」。
むしろ、かどのない日本酒が獺祭の強みです。
旭酒造の創業者であり会長の桜井氏は「かどのある日本酒をつくるのは簡単。手を抜けばいいんだから」と言っています。
それでも、かどのない、バランスの取れた品質を追求するという姿勢は、獺祭へのこだわりと自信が感じられて気持ちいいですね。

ぜひ、日本酒ならでは、獺祭ならではの、きめ細かい酒造りで、グローバルに成功してほしいと思います。




■獺祭 純米大吟醸50

そんなエールも込めて、本日いただくのは、「獺祭 純米大吟醸50」。
獺祭の人気銘柄の一つで、酒米山田錦を50%まで磨いて醸した純米大吟醸酒です。

飲み口は、獺祭の強みが十二分にかもし出された形です。
まさに、「飲みやすくてキレイ、しかしその奥に深みがある」!
品質へのこだわりが生む上品でやさしい味。何杯でもイケちゃいそうです。

ちなみに、獺祭って、アニメ「エヴァンゲリオン」でも登場してましたね。


出典 blog.goo.ne.jp

フランスでは、日本のアニメも受けているみたいですし、日本酒も受けるとなると、なんか嬉しいですね。
アニメも日本酒も、日本ならではの文化観とか職人技がつくり出すもの。それが世界で評価を受けるのは、とても嬉しいです。

がんばれ、獺祭!ありがとう、旭酒造!

■基本情報

銘柄:獺祭 純米大吟醸50
アルコール度:16度
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合:50%
製造元:旭酒造株式会社




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

日本最古の酒米が醸す芯の強い後味 岡山県倉敷の地酒「庵(あん)」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、岡山の地酒、特別純米酒「庵(あん)」です。

■備前雄町

岡山県倉敷の地酒です。
その特徴は、酒米に当地産「備前雄町」を使っていること。

「備前雄町」は、現存する日本最古の酒米です。
まぼろしの酒米としても名高い、この岡山県産の雄町米を100%使用した日本酒、それが「庵(あん)」です。

蔵元は、岡山県倉敷市の熊屋酒造です。
倉敷の地で地元産の酒米にこだわり、地元に根ざした酒造りを行なっています。
米こうじにも岡山県産米を使うこだわりぶりです。

■名前の由来

「庵(あん)」という名前の由来は、江戸中期1716年にこの地で酒造りを始めた3代目「庵谷(いほりや)伊七」の苗字の一字を取ったもの。
現在の当主は14代目となる庵谷晴男さん。

ちなみに、「熊屋酒造」の名前は、蔵の北側にある熊野神社(紀州熊野大社の分社)から一字を取って付けられました。

■飲み口は?

さて、飲んだ感想ですが、一言でいうと、力強い純米酒です。

ひとくち含むと、果実の香りと酸味が口の中に広がりますが、ゴクンと飲み干すと、米の香りが後味としてしっかりと残ります。
口の中に米こうじの成分がしばらく残っている感じ。

これは酔いがまわるのが早そう。
この独特な後味は、「日本最古の酒米」の醸し出す風味なのかもしれません。

実は、栓を開けた1日目は、そんな後味もあって微妙な印象だったのですが、次の日に飲んでみたら、印象が変わりました。

空気に触れて、まろやかさが加わったのでしょうか。
それとも、つまみの刺身との相性が良かったのでしょうか。
まるで違う酒になったかのように、まろやかで芯の強い後味が楽しめます。
これまたクイクイといっちゃって、すっかり酔っ払っちゃいました。

昔のひとも、瀬戸内海で漁れた新鮮な魚介を肴に、「備前雄町」を使ったこのお酒を飲んでいたのかもしれません。

ありがとう、備前雄町の酒「庵(あん)」!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

「味わう酒」へのこだわりが生んだ銘酒、純米大吟醸「獺祭」。冬季限定の寒造早槽を飲む。

今日の「夢中」は、「獺祭、純米大吟醸48 寒造早槽(かんづくりはやぶね) しぼりたて生」!

獺祭は、山口県の旭酒造が醸造する、いまの日本酒ブームの火付けとなった、純米大吟醸の代名詞とも言える銘酒です。

確かに、獺祭の登場によって、日本酒の位置付けが、今までオヤジの友であったワンカップのイメージから大きく変わったように思います。

純米大吟醸としてはお手ごろで、コストパフォーマンスがとても良い(一部で高騰していますが)。それ以上に、品質へのこだわりが受けました。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」
これが旭酒造の酒づくりの姿勢です。品質へのこだわりがこの言葉に込められていますね。

実は、この蔵元、なんと杜氏がいません。
杜氏は、日本酒の醸造を担う職人で、彼らの腕により、日本酒の出来が決まるというのが定説です。
逆に言うと、人の舌と腕に頼るという、昔ながらの工程なんですね。

この「職人の腕と経験」に頼らないシステムをつくったところが旭酒造の慧眼です。
特に遠心分離機というハイテクマシンによって、吟醸の香りを壊さないで、お酒をしぼることができるようにしました。

これにより、品質の安定と低コストを両立しました。
こうした業界の慣習にとらわれない「革新」は、ビジネススクールのケーススタディにでもなりそうですね。

さて、肝心の味ですが、
純米大吟醸だから、飲み口が爽やかでフルーティ。ほのかに香る柑橘系の酸味もいい!
これなら女性にも間違いなく受けます。ワンカップよりはワインに近い感じです。

しかも「寒造早槽」は冬季に限定して発売される新酒です。この時期ならではのフレッシュな味わいを楽しめます。見かけたらぜひお試しください。

ちなみに、先日、偶然に「獺祭バー」なるものを東京の京橋で発見しました。
後で調べてみたら、旭酒造直営の日本酒バー&ストアとのこと。
こちらもいつかお試ししてみたいと思いました。
※写真右奥が獺祭バー。

明日も美味しい大吟醸が楽しめるのは貴方のおかげです。ありがとう、獺祭!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング