加賀の自然がはぐくんだ伝統の銘酒「手取川あらばしり大吟醸生酒」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、加賀の地酒「手取川 あらばしり大吟醸生酒」です。

■酒造りの村

今日紹介する「手取川」。蔵元は、石川県白山市に蔵を構える吉田酒造店です。

もとは山島村と呼ばれていたこの地は、江戸時代から「酒造りの村」として名をはせました。
往時には蔵が十数軒を数え、そこで造られる日本酒は「手取酒」あるいは「山島酒」と呼ばれ珍重されました。

その地酒をはぐくんだのは、手取川の豊かな伏流水、白山からの清澄で寒冷な空気、そして豊かな米の実りなど、恵まれた加賀の国の自然です。

現在、酒造りの村の伝統を受け継ぐ蔵元は、この吉田酒造店ただ一つになりましたが、同蔵元は頑なに手作りに徹して、伝統の日本酒「手取川」を造りつづけています。

■その飲み口は

さて、そんな伝統ある銘酒を早速いただきます。

ひと口ふくむと、その甘さが口の中いっぱいに広がります。
しかも濃厚な甘み、パンチが効いています。杯が進むと、喉が渇いてくるほどの粗々しさを感じます。

一方で、酸味も程よく、フルーティーな香りを味わえます。
「あらばしり」だからでしょうか、出来立て、搾りたてのような新鮮さがあります。
あらばしりとは、日本酒を搾る際に、あまり圧力をかけない初めの段階で出てくる部分で、フレッシュな香りとワイルドな味わいを感じることができるのが特徴です。
だから新鮮なのに、パンチが効いてるのかも…。

ちなみに、吉田酒造店のHPを見ると、この日本酒の紹介にこんな風に書いています。

リンゴのような優しい香りのなかにも、ライム等をイメージする程よい酸味と、引き締まった骨格を感じながら、全体的に瑞々しく、爽やかでフレッシュな印象のお酒です。

うーん。私の感想とは段違いの表現力と味覚力。
どうぞ、皆さん、公式HPの評価をご参考にしてください(苦笑)。

■経営理念

同じく、吉田酒造店のHPに蔵元の経営理念が掲載されています。
そこには、吉田酒造店の酒造りにかけた思いが集約されています。

経営理念
地域の風土と伝統文化に培われた手取酒を継承し、高品質・高品格な酒造りを通じて、お客様の満足と社員とその家族の幸せを目指します。

地域と伝統を重んじる蔵元の酒造りの姿勢が伝わりますね。
今に、大切に大切に受け継がれる「手取酒」を、大切に大切にいただきました。

ありがとう、手取川!吉田酒造店!

■基本情報

銘柄:手取川 大吟醸 生酒 あらばしり
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
精米歩合:45%
アルコール分:16度
醸造元:株式会社吉田酒造店

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

「おんな城主」も大満足のキレのある旨味。赤色ラベルは井伊家の赤備えのしるし。菩提寺住職の筆による「井伊直虎」は地元愛たっぶりの銘酒。

その名は「井伊直虎」。

今をときめく大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」にゆかりの、静岡は浜松のお酒です。

静岡県産米を100%使用したこだわりの日本酒。
ラベルの赤色は、井伊家の象徴である赤備えをイメージしています。
ちなみに「おんな城主」ならぬ「おんな杜氏」ということで、この辺もこだわってるのかも。

その味は、淡麗辛口のキレのある日本酒。常温でもクイックイッといけます。

実は、大河ドラマに井伊直虎が起用されると決まってから、地元の有志で開発されたお酒。
乗っかっちゃった感じですが、静岡産へのこだわりなど、酒づくりへと思いは真剣です。
地元浜松の「花の舞酒造」が醸造蔵となり、オリジナルの日本酒がつくられました。

インパクトのある「井伊直虎」の文字は、井伊家の菩提寺龍潭寺の住職の筆によるもの。

ラベルには次のような記載がありました。

直虎は井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれ、激動の時代に井伊家を守り、のちに徳川四天王となる直政を育てあげました。
井伊直虎をはじめ代々井伊家を祀る龍潭寺の第20代住職全裕師直筆の書をラベルにさせていただいた特別なお酒です。

大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」にかける地元の熱がたっぷりと込められた日本酒ですね。

ブームに乗った感は否めないですが、そんな批判をふっ飛ばすキレのある旨味。
これなら「おんな城主」直虎も満足でしょう。

ごちそうさまでした、純米吟醸「井伊直虎」!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

その由来は遠く平安の源平の戦にあり!ご機嫌なほろ酔い詩人が残した俳句は「いつもよしつね」?大吟醸「一乃谷 暁」を飲む。

今回の「夢中」は、越前の銘酒「一乃谷 暁」。大吟醸です!

このお酒、名前は、源義経の活躍で有名な「一乃谷の戦い」に由来します。

ときは平安末期。源平の争いの佳境。
場所は、いまの神戸市須磨区あたりと言われています。

木曽義仲に京を追われた平家一群が、京を奪還すべく大群を進めます。
それを阻止したのが、戦の天才、源義経でした。

彼は、この「一乃谷の戦い」において、平家がまったく警戒していなかった断崖絶壁からの奇襲を仕掛けます。
のちに「逆落とし」と言われるこの奇襲は、地元の民が「到底人馬は越えられない」と評した断崖絶壁からの、70騎の人馬一体となった駆け下りでした。

平家軍は、予想もしなかった崖の上からの奇襲に混乱を来たして、敗走を重ねます。
のちの平家滅亡の端緒となった戦と言っても過言ではありません。

…で、なんで、そんな神戸の戦が越前の銘酒の由来になったかというと、昔のひとの洒落です。

当時「麦屋の酒」と言われていたこのお酒を飲んだ京都の俳人が、次のような句を短冊に残して帰りました。

「麦屋の酒は一乃谷 くまがい(熊谷)で飲めばいつもよしつね(義経)」

越前の国には有名な「くまがい茶碗」という器があって、俳人はこれで酒を飲んだんですね。
それでご機嫌になったんでしょう。
「一乃谷の戦い」で活躍した熊谷直実と「くまがい茶碗」をかけて、さらに源義経と「常に良い」をかけた、素敵な俳句を残しています。

そんな酒蔵「宇野酒造場」は創業1620年。約400年の歴史ある老舗酒蔵です。

能登杜氏が精魂込めてつくった日本酒は、上品でさわやかな切れ味。
大吟醸ならではのフルーティーな香りと澄んだ飲み口が楽しめます。

実はとってもコストパフォーマンスもいいんですね。
高級な大吟醸酒なのにこの値段でいいの?と思っちゃう。

日本酒ブームのなか、とんでもない値段で売られている大吟醸酒がありますが、こちらはむちゃくちゃ良心的。
これも昔の京の俳人がご機嫌になった理由のひとつかもしれません。

お酒も謂れも満喫させていただきました。
ありがとう、一乃谷、宇野酒造場!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング