その名前に込められた郷土への思い。口の中に広がる懐かしい土の香り(いい意味で)。「田酒 特別純米」を飲む。

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、青森の銘酒、「田酒、特別純米」です。

■田んぼの酒

なかなか出回らないんですよね。田酒。
今回は、たまたま街の酒屋さんに入荷されたらしく、即買いしてしまいました。

田酒のふるさとは、青森県は青森市。
北の大地に蔵をかまえる西田酒造店が大切につくった銘酒です。

その酒づくりに対する真摯な姿勢は、田酒という名前に込められています。

田酒。田んぼの酒と書いて「でんしゅ」と読みます。なぜ田酒と言うのか。

それは、日本の田んぼでつくられたものしか使わないというこだわりにあります。

日本の田んぼ産ではない醸造用アルコールや醸造用糖分は一切使用しない。
まさに米の旨みを大切にした、日本の田んぼの味。それが田酒なのです。

■飲み口は

そんな土臭い(いい意味で)こだわり故か、グラスに注ぐと、ほのかに黄みがかって見えます。
冷やにもかかわらず、やさしい温かみを感じます。

その味はというと、口に含むと、土臭い(いい意味で)甘みが広がります。
なんとも言えぬ、手づくりの懐かしさを感じるのは私だけではないはずです。

これまで慣れ親しんできたわけでもないのに、いつもそばにあったかのようなデ・ジャブ感。
流行りのスッキリした日本酒とは一線を画す「日本酒」臭。
特別純米だからかもしれません。でも、この味は病みつきになりそうな力強さがあります。

気がつけば、あっという間に、杯が空になっていました。
おそるべし、田酒。。。
これを田んぼ仕事の一服どきに飲んでたら、仕事にならなかったに違いありません。
皆さんもご注意ください(?)。

身近にある母なる田んぼへの感謝、大地への崇拝が詰まった日本酒、田酒。
なかなか出まわりませんが、見かけたら、ぜひお手にとってお試しください。
オススメです!

ありがとう、西田酒造店!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です